人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.15PR

AI搭載で誰でも簡単&キレイに撮れるは本当か?Leicaダブルレンズカメラ搭載『HUAWEI P20』でSNS映え対決!【PR】

【ファーウェイ・ジャパン】

Leicaダブルレンズカメラを搭載する話題のスマホ『HUAWEI P20』が、SIMフリースマートフォンとして登場した。プロからアマチュアまで幅広いファンを持つ、老舗カメラメーカーLeicaの最新ダブルレンズカメラに加えて、AI対応の高速チップセットを内蔵。カメラが捉えたシーンや被写体をAIが瞬時に分析し、最適なモード設定で誰でも簡単に、SNS映えする美しい写真が撮れると前評判も高い。

だが、DIMEは考えた。「本当にそんなに簡単に、キレイな写真が撮れるのだろうか」と。そこで普段から、スマホ以外のカメラはほとんど触ったことがなく、SNSにたまに投稿するくらいというカメラ初心者の男女2人に『HUAWEI P20』で「SNS映えする写真」をオーダー。果たして2人はどんな写真を撮ってきたのか、AI搭載の『HUAWEI P20』の真の実力をチェックしてみよう。

『HUAWEI P20』は前面に約5.8インチ(1080×2244ドット)の大画面フルビューディスプレイ&指紋認証センサーを搭載しつつ、高さ約149.1×幅約70.8 ×厚さ約7.65 mm、重さ約165gのスリムデザインを採用。カラーはブラック、ミッドナイトブルー、ピンクゴールドの3色から選択できる。市場想定価格 69,800円(税別)。

背面には約1200万画素のカラーと、最大F値1.6の約2000万画素のモノクロのダブルレンズカメラを搭載。Leicaのレンズブランドを冠したSUMMILUXの文字も記載されている。

■あとから加工しなくていい!こんなに簡単に撮れていいの?

『HUAWEI P20』でSNS映え対決に挑んだ誉尚之さん(左)と那須凪瑳さん(右)

:最初にこの企画を聞いたとき、無茶ぶりだ~と思ったんです。僕、本当に写真を撮るのが苦手なので…。

那須:私も!今まで自分で気に入る写真が撮れたことってほとんどなくて、SNSにもいつもアプリで加工してからアップしてる。

──『HUAWEI P20』を手にした第一印象はどうでしたか?

那須:持ってみて、思ったよりコンパクトだったので驚きました。ディスプレイが約5.8インチで結構大きいのに片手で持てる。

:ディスプレイがキレイだよね。写真もだけど文字もギザギザしてない。

那須:背面のガラスの手触りも気持ちいいし色も好き。私はこのピンクゴールドが、ほかにあまりない色なので気に入りました。

──カメラは使いやすかったですか?

那須:AIがシーンや被写体を自動的に認識するってどんな感じかなと思ってたけど、本当に一瞬なんですよね。

:そうそう。カメラ向けたら画面に『フード』とかって表示されて、もう設定が変わってるとかそんな感じ。下手したらモードが切り替われっているのさえ、気づかないよね。

那須:そうなんですよ。なので私、今回全部お任せで撮ったんだけど、何の設定もしていないし、加工もしていないのに、撮りたいと思った瞬間をベストな状態で残せた。こんなに簡単で本当にいいの?って感じです。

『HUAWEI P20』では、被写体にカメラを向けるだけで内蔵のAIが19のシーンや被写体を認識。最適なモード設定で撮影ができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ