人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.12

どれが一番くつろげる?秒速で組み立てられるキャンプ用テーブル&チェア8選

家庭のダイニングのように自然な姿勢でくつろげる通常のレギュラースタイルと、5〜6年ほど前から広まったロースタイル。異なる2つスタイルの数あるモデルの中から、組み立て簡単なモデルを探してみた。

【 できるの早すぎ!】

できるの早すぎ!

◎子育て世代にマッチしたロースタイル

 キャンプにおけるテーブルとチェアは、近年で大きく変わった。

「かつては家庭のダイニングと同じテーブル高70cmが当たり前でしたが、今の流行りは高さをグッと下げた地面に近いロースタイル。座面が低いローチェアは、腰を深く下ろして足を投げ出せるので、リラックス度が高いのが特徴です」

 レギュラースタイルに比べてモノ自体もコンパクトなので荷物が少なくなり、見た目も余裕があって何となくおしゃれ。子供と同じ目線で過ごせるのも、キャンプ人口の中心になっている子育て世代にマッチした。

 一方で、レギュラースタイルのテーブルやチェアは、定番ならではの安心感がある。

「最近のモデルは使い勝手や座り心地が追求され、素材にもこだわっています。上質なファニチャーなので、アウトドアのみならず自宅で使う人も増えていますよ」

〜 レギュラースタイル 〜

テーブルの高さ約70cm、チェアの座面高が約40cm。家庭のダイニングとほぼ同じ高さ。

《 天然素材の竹を使用 》

スノーピーク『ワンアクションテーブル竹』

スノーピーク『ワンアクションテーブル竹』2万7800円

折りたたまれた天板を開くと、内側に収納されている脚部が立ち上がる。天板は竹の集成材。地上高は66cm。
●サイズ:幅720×高さ660×奥行き910mm、10kg

〈 簡単STEP1 〉

スノーピーク『ワンアクションテーブル竹』1

〈 簡単STEP2 〉

スノーピーク『ワンアクションテーブル竹』2

脚部を出したら、ロックバーをかけて固定する。

〈 完成!〉

完成!01:47

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ