人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.13

入社3年目社員の本音「ドローン開発の夢が捨てきれず日本に来ました」ブルーイノベーション・マジョディ チャアベンさん

あなたの知らない若手社員のホンネ~ブルーイノベーション/マジョディ チャアベンさん(27才、入社3年目)~

 20代の部下のモチベーションを理解することは中間管理職にとって非常に重要だ。とは言っても、今回登場するのはチェニジア人。扱うのはドローンである。

 彼が勤務するブルーイノベーション株式会社は、無人航空機の安全飛行管理システムの開発や、無人航空機でのソリューション・研究開発等を業務とする。今回はシステム開発部 アプリケーション開発チームで半年間のインターンシップを含め、入社3年目となるマジョディ チャアベンさん(27才)。 

 チェニジアは北アフリカに位置する共和制国家。西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、地中海に面する。地中海の対岸はイタリア。2011年、中東、北アフリカで広がった「アラブの春」といわれる政変で、最初に選挙が行われた国でもある。マジョディさんはチェニジアの首都、チェニス出身。通訳は同僚で日本語ができるポーランド人である。

■ドローンを飛ばすために日本へ

 父はコンサルタントの会社を経営しています。子供の頃は任天堂のゲームボーイが大好きでした。このゲームはどこの国で開発されたのだろうか。

 おう、ニッポン。そこで日本に興味を持ち、ワンピース、デスノート、ナルト等々、アニメにものめり込みました。チェニジアの大学ではITの勉強に集中して。自分にとって楽しいものを開発したい。それがドローンだったのです。ITの技術を使いドローンは今後、ますます発展していく。ところが、チェニジアは軍事の関係で、ドローンを飛ばすことができません。日本に行きたい、ドローンの仕事がしたい。この二つをキーワードにインターンシップを斡旋するウェブサイトを通して、今の会社を見つけたのです。

「遠い国からの申込でしたが、ドローンに興味を持つITエンジニアはそういません。渡航費は折半、まずは半年間のインターンシップで。現在、40名ほどの社員のうち、エンジニアに関しては6割が外国人です」(広報担当者)

 日本に来てまず感動したのは秋葉原です。あんなにたくさんのゲームセンターと、最新の格闘ゲームが集中しているなんて、僕にとっては完璧なパラダイスでした。今、スカイプで11才の弟に秋葉原のゲーセンの画像を送っていますが、弟も日本の虜になって、今すぐにでもこっちに来たいと言っている。

 秋葉原の近くに借りたシェアハウスも新鮮でした。チェニジアにはシェアハウスは存在しません。シェアハウスに住んでいる日本人に、日本の文化を教わりました。インスタントラーメンに生卵を入れ少し煮込むと美味しいとか、「ちょっと待ってください」「すみません」「どうも」この3つの日本語の使い方も教わりました。

 驚いたことといえば、日本は世界的にも優れた国と学校で教わりました。当然、全員が英語を話せるものと思っていた。ところが英語を話す人は少なくて、社内の会話はボティランゲージが多かったのです。「ちょっと待ってください」と日本語で言いつつ、おかげさまで身振り手振りや表情等、表現力のパフォーマンスの能力が高まりました。

 エンジニアの中では日本語の他に、英語にフランス語、アラビア語、チェニジア語が飛び交っています。でもランチを同僚と食べに行く時は、あまり言葉に困らない。ラーメン、寿司、てんぷら、カツ丼等々、日本の料理は独特の名前が付いているものが多い。世界共通の言葉が多いITとよく似ています。ただ唐揚げは国によっていろんな言い方があります。フライドチキンは知っていますね、フランス語ではプリパニ、チェニジアではジェイジモクリと言います。
 ちなみに、今はラマダンの時期で、イスラム教徒の僕は6月15日まで、日が沈むまで好物のジェイジモクリは食べられません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ