人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.13

市川海老蔵も仰天!映画『ハン・ソロ』の主演俳優がハリソン・フォードから学んだこと

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのアナザー・ストーリー、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が、いよいよ6月29日から公開される。それに先立ち、6月11日に主演俳優、若き日のハン・ソロを演じるオールデン・エアンライクと監督のロン・ハワード、そして、はるか彼方の銀河系、森林惑星キャッシーク出身のチューバッカが、東京・六本木の東京ミッドタウンで来日記者会見を行なった。

 映画『ハン・ソロ』の舞台は、シリーズ第1作となった、『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』、で、ルークやレイアたちと出会うよりも前の時代。若きハン・ソロがいかにして生涯の相棒となるチューイ(チューバッカの愛称)と相棒になり、手に入れたミレニアム・ファルコン号を駆って 〝伝説の運び屋〟となっていったのか、その原点を描き出す。

 予告編上映の後、お馴染みのジョン・ウィリアムズが製作したスター・ウォーズのテーマ曲と共に登壇したのは、ハン・ソロを演じるオールデン・エアンライクと監督のロン・ハワード、そしてウーキー族のチューバッカ。挨拶の口火を切ったのは、ロン・ハワード監督。

「何度も東京に来ていますが、こうしてハン・ソロという作品と共にまた日本に来られたことは本当に嬉しい経験です。また、昨夜は東京ドームで野球の試合を観させていただきましたが、面白い試合で楽しむことができました」と軽い笑いを誘った。

 次にオールデン・エアンライクは、「みなさんこうやって集まってくださり、本当にありがとうございます。初めて東京に来られたことを嬉しく思っています。少し時間をもらったので、街を散策したりして、楽しい時間を過ごしています」と、感想を語る。

 そしてチューバッカも挨拶!「ヴォー、グィ、グォ〜、ガァ〜」とウーキー語が響き渡る。これは当然、誰もわからない……。

 そこで司会者がハン・ソロ役のオールデンに通訳を頼むことに。すると……、「日本は大好きな国だから来ることができて、とてもワクワクしています」と。そこでオールデンが「ちょっと、フッラッシュが多けど大丈夫?」と気遣うと、「あぁ、それはだ丈夫だよ」と、ふたりの絆の深さを覗かせていた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ