人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「レインシューズ」で出勤するのはありか、なしか?

2018.06.15

半数以上が「レインシューズで出勤」に肯定的

レインシューズで出勤することについて、ビジネスパーソンはどのように思っているのかを聞いてみた。男女ともに半数以上が「良いと思う」「まあ良いと思う」という肯定的な意見を持っていることがわかった。

特に女性は「良いと思う」と答えた割合は43.0%で、男性22.1%の約2倍に。男性よりも幅広いファッションを楽しむ傾向にある女性のほうが、出勤時のスタイルとしての「レインシューズ」により肯定的であることがわかる。

年代別にみると、「良いと思う」と回答した割合は20代が42.6%で最も高く、年代が上がるにつれ下がっていく。一方「どちらともいえない」は、年代が上がるにつれ割合が増えているのがわかる。若年層ほど、レインシューズでの出勤に肯定的であり、年代が上がるにつれて否定派が増えるわけではなく「どちらでもない」という中立層が増えることが明らかに。

職場へのレインシューズ出勤に対する意識と、レインシューズの保有状況の関係を確認。その結果、肯定的な意見(「良い」+「まあ良い」)の人のほうがレインシューズの保有率が高いことがわかった。

一方、「どちらともいえない」「あまり良くない/良くない」と思っている人の中でも3割程度がなんらかのレインシューズを保有しており、プライベートでは履いているよう。男性や40代以上を中心とした通勤時のレインシューズ着用に肯定的ではない(「どちらともいえない」「あまり良くない/良くない」)層に、職場にレインシューズを履いて行くことに対するイメージを刷新することができれば、今後のレインシューズの市場はさらに広がりを見せることができそうだ。

これから始まる梅雨の季節、毎日の出勤は大変だが自分のライフスタイルにあった梅雨対策アイテムで乗り切ってみては?

インテージのネットリサーチによる自主企画調査データ
調査地域: 全国
対象者条件: 20~69歳の男女で、職業「会社員」
標本抽出方法: 弊社「キューモニター」 より抽出し、アンケート配信
ウェイトバック:なし
標本サイズ: n=971 ※性年代で均等割付
調査実施時期: 2018年5月21日(月)~23日(水)

関連情報/https://www.intage.co.jp/
構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。