みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >試してみたい!調味料大国ニッポンの…

試してみたい!調味料大国ニッポンのこだわり調味料(2018.06.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お手軽料理の手助けとなったり、隠し味になったりと、工夫次第で料理を味を豊かにしてくれる調味料の紹介記事を集めました。今晩から夕食のメニューに活かしてみませんか?

 

輸出先1位は日本!?知られざる「タバスコ」の真実

「南北戦争後の1868年、私の祖父、エドモンド・マキルヘニーが、淡白な味付けの料理に豊かな風味とパンチを加えたいとペパーソースを開発したのが「タバスコ」のスタートです。当時から樽熟成させたタバスコペパー(エアルーム・ペパーと呼ばれる伝統的な品種)、ルイジアナ集産のビネガー、エイブリー島の岩塩のみを使用するというレシピはほぼ変更がなされていません」

 

史上最高の辛さ!幻のタバスコ「スコーピオンソース」に悶絶。

定番の「Tabasco(タバスコ)」より約20倍も辛い「タバスコ・スコーピオンソース」をご存知でしょうか?

 

【開発秘話】300万個以上売れているミツカン『CUPCOOK』

 特定の惣菜をつくるための合わせ調味料は、レトルトパウチされたものはよく見かけるが、ミツカンが2017年8月に発売した具入り合わせ調味料『CUPCOOK(カップクック)』はカップ型プラスチック容器に入っている。

 

いまだに大人気!管理栄養士に聞く「食べるラー油」おすすめの食べ方

ラー油なのに具材入りで、ご飯のお供にもなる「食べるラー油」。数年前から根強い人気だ。最近では女性向けに辛さ控えめのものまで登場。なぜそれほど食べるラー油が受けているのか、その理由を専門家の意見の下に探る。

 

山形で絶大なる人気を誇る「味マルジュウ」って何?

 醤油は日本人の絶対的必須アイテムである。それでいて、地域による味の好みが異なり、九州や四国は甘みたっぷり、関西は薄口、関東は濃口などに分かれる。だから、ふと立ち寄った旅先のスーパーマーケットで出会う醤油売り場はまさにパラダイス! 初めて見る醤油だらけなんてことも珍しくない。

 

自然な甘みがちょうどいい!白砂糖の代わりに使える甘味料3選

煮切りみりんのみたらし団子

白砂糖に代わる、甘みを付ける食材が今、注目を集めている。今回は、発酵食料理研究家に、白砂糖に代わる甘味料を3つ教えてもらった。

 

ごはんが止まらなくなる辛ウマ調味料15選

キユーピー ディップソース めんたいこ

 1984年に激辛ポテトチップス『カラムーチョ』が登場し一躍ブームに。以降、ハバネロ、ブートジョロキアと辛さを求める傾向は過熱するばかり。激辛麺も人気で、老舗のラーメン店『蒙古タンメン中本』はここ数年、連日長蛇の行列が。

 

家鍋のマンネリ化を激変させる〝激ウマ〟トレンド鍋つゆ5選

今年も鍋のおいしい季節が到来。特にこれから年末年始にかけては、鍋パーティーが目白押しという方も多いはず。そんなときの鍋づくりに欠かせないのが「鍋つゆ」。調理が簡単で味つけに失敗がないだけでなく、毎年さまざまな鍋つゆが登場し、マンネリになりがちな鍋メニューの幅を広げるのにも便利だ。そこで今回は2017年秋冬の新製品を中心に、こだわりの鍋つゆをお好みタイプ別にレコメンド。専門店顔負け、進化する鍋の味わいをぜひ自分の舌で確かめてほしい。

 

構成/編集部

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。