人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.17

生き物の世界の掟が実感できる動物園の飼育員の仕事

【動物園を100倍楽しむ方法】第三回 キリン

前編はこちら

 動物が大好きだから、もっと動物園の生き物について、いろんなことを知りたい。身近な動物園の生き物のトリビアを聞きたい。みんなに動物のことを伝えたい。それには動物園の飼育員さんに聞くのが一番だと考えたのが、この企画である。みんなが知らない動物園の動物の逸話を、飼育員さんに教えてもらおうというわけである。

 東京都日野市の多摩動物公園は、上野動物公園の約4倍という豊かな自然環境。柵を使わない形での動物の展示が基本だ。今回は多摩動物公園でキリンの飼育を担当する飼育展示課、アフリカ園飼育展示係の齋藤美和さんに、キリンとの逸話を聞いた。

 キリンは群れで生活をする動物だ。多摩動物公園で現在飼育されているキリンは、15頭と日本の動物園で最も多い。その繁殖数は国内の動物園で第1位。日本の動物園へのキリンの供給基地的な役割を担っている。

 ヤンチャなユリネにちょっかいを出されながらも、齋藤さんを守ってくれたアミ。そのアミが出産を迎えるが、なぜ11才まで彼女は子供を授からなかったのだろうか。

■「ジル、優秀だね」

 うちで生まれたオスのキリンは他の動物園に婿入りします。成獣のオス同士を一緒にするとネッキングと言って、メスをめぐって首をぶつけ合って争うので、キリンの群れにオスの成獣は一頭だけです。ジルは今、群れの中にいるオスの成獣です。前にいたオスの成獣が死んだ2年ほど前、私がキリンの飼育を担当するようになった同じ頃に、埼玉の動物園から多摩動物公園に来ました。

「優秀だね」と、私たち飼育員の間でジルはすこぶる評判がいい。前にいたオスの成獣のカンスケは選り好みをしたんですよ。なぜアミが10年間も妊娠しなかったかというと、アミが発情してもカンスケが寄り付かなかった。その点、ジルは選り好みをしません。常にオスとメスは運動場でも部屋の中でも、一緒にしていますから、四季に関係なく発情したメスには分け隔てをしない。

 オスの成獣のジルは、ヤンチャというか。普段は他のキリンと同様に温厚ですが、発情したメスに近づく時、ジルは「ウ〜ウ〜」鼻を鳴らしてうなり声を上げ、大人も子供も関係なく蹴散らすんですよ。周りに他のキリンがいるのをイヤがるんです。キリンが唸り声を上げるのは珍しいのですが、ジルのその声を聞くと、「またはじまったな」と私たち飼育員にはわかります。

 ジルが来てから、繁殖数も飛躍的に伸びました。ユリネから私を助けてくれたアミは11才と初産としては高齢でした。でも案ずるより産むが易かった。アミがメスのアイを出産したのは昨年11月。最初に前足、次に頭が出て肩まで出たらポトンと落ちる。お母さんは子供をなめて、足で軽くコンコンと触り立とうとするのを促します。
 30〜50分で赤ちゃんキリンは立ち上がり、子供はお母さんのお乳を飲みはじめます。アミの子供のアイを含めて、昨年10月から今年4月までに、5頭のメスのキリンがジルの子を出産しています。

 運動場の掃除をしている私に寄ってきて、「コラッ!」と、怒っても離れず私を困らせたヤンチャ盛りの若いユリネは、他のメスの出産に興味を持っていました。産室から離れるように促しても、近くでジッと他のキリンの赤ちゃん誕生の様子を見つめていた。ヤンチャなユリネは母性本能が強いのかもしれません。

 そのユリネもジルの子を身ごもり、昨年10月にオスのジュリーを出産しました。ヤンチャ娘のユリネは、今や堂々としたお母さんです。もう私にちょっかいを出してくるようなこともありません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ