人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.09

ソニービルが垂直立体公園に!Ginza Sony Park、8月9日にオープン

 ソニーは、2017年3月末に営業を終了した東京・銀座のソニービル(東京都中央区銀座5-3-1)をリニューアル。2018年8月9日(木)にGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)として開園する。 ソニービルが完成した1966年から「銀座の庭」として続いた、数寄屋橋交差点に面した公共スペース(ソニースクエア)をさらに拡大し、変わり続ける実験的な「公園」をコンセプトとして運営される予定だ。
オープンについて同社では、「東京に国内外から一層多くの人が集まり賑わう2020年秋までの期間、銀座の街にビルを建てるのではなくあえて公園をつくり、訪れる方に感動や驚き、そしてソニーのエネルギーを感じていただける、遊び心あふれる場を創造します」と説明している。

Ginza Sony Parkは、約707平米のフラットな地上部と、地下4層の「ローワーパーク(Lower Park)」で構成された、旧ソニービルの特徴的な構造は残しつつ、地下に吹き抜けがあるオープンな垂直立体公園だ。「変わり続ける公園」として、実験的な試みをする店舗やイベントを個性豊かなパートナーとともに展開。ソニーやパークをテーマとした数々の体験型イベントやライブなどをが予定されている。
 Ginza Sony Parkは、ソニービルのリニューアルを進めるプロジェクト「Ginza Sony Parkプロジェクト」の一環として、2020年秋までの期間、フラットでオープンな公共の場として開園し、その後2022年には、「公園」のコンセプトは変えずに拡張させる形で新しいソニービルを竣工する予定。


 
<GL(グラウンドレベル)/地上フロア>
・ 「買える公園」がコンセプト。パークに植えられた世界各地から集めた特別な植物は、プロデューサーにプラントハンターの西畠清順氏(そら植物園 代表)を迎えた「アヲ GINZA TOKYO」で購入可能で、植物が購入される度に、パークの表情が変わっていく。
・ 「東京の今を届けるラジオステーション(Ginza Sony Park Studio)」として「TOKYO FM」のサテライトスタジオを設置。東京で支持されている楽曲や、東京カルチャー等を発信していく。
・ 季節限定で登場する「トラヤカフェ・あんスタンド」のポップアップストアでは、パーク地下3階にある店内でつくられた『あんペースト』を使った銀座ならではのメニューが楽しめる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。