人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.08

170kgも軽量化!新開発の専用サスペンションやラダーフレームを搭載したメルセデス・ベンツの新型『Gクラス』

 

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」を発表。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて本日より注文受付を開始した。なお、顧客への納車は8月下旬以降が予定されている。

新型Gクラスには、Gクラスの誕生から継承されているオフロード走行に適したラダーフレームが新設計された。この新設計ラダーフレームは、最大3.4mm厚のスチール鋼板を「ロ」の字型にした鋼材から制作し、MAG溶接技術で組み立てることで、悪路走行時に求められる強度、剛性、安全性を高めている。

新型Gクラスのサスペンションは、Gクラス開発チームとメルセデスAMG社が協業し、フロントのダブルウィッシュボーン独立懸架サスペンションと、リアのリジッドアクスルを組み合わせて開発。フロントのダブルウィッシュボーンサスペンションのコンポーネントはいずれも、サブフレームなしでラダーフレームに直接取り付けられている。フレーム上のロアウィッシュボーン取り付け点は、走破性向上のため高い位置に設定。さらに、Gクラスは、フロントのディファレンシャルギアに対して270mmの地上高を確保し、オフロード性能の向上に貢献している。

ドライブモード

新型Gクラスは、ダイナミックセレクトによって路面や走行状況に応じて瞬時に5つのドライブモードを切り替えることが可能だ。エンジンやトランスミッション、サスペンション、ステアリング、運転支援システムの特性によって、「コンフォート」、「スポーツ」、「エコ」、「インディビジュアル」の4モードに加えて、今回追加された「Gモード」が選択可能となる。
この「Gモード」は、3つのディファレンシャルロックのいずれかを作動させる、または通常より2倍以上の駆動力を発揮するオフロード用低速ギアのLOW RANGEを選択した場合に有効になる。このオフロードモードは、シャーシの調整式ダンパーとステアリング、アクセル特性を変更し、不要なギアシフトを回避することにより、最適なコントロールと最大限の悪路走破性を確保。作動時には小さな「G」のアイコンがインストゥルメントクラスターに点灯する。

約170kg軽量化したボディ

今回の改良では、高張力/超高張力スチールおよびアルミニウムによる新しい材料構成と、ボディパーツ毎に最適な素材を採用して約170kgの軽量化を達成した。例えば、AピラーおよびBピラーなどのボディシェルは耐荷機能を持つことを考慮して高張力スチール製とし、フェンダー、ボンネット、ドアはアルミニウム製となっている。

新型9G-TRONICトランスミッション

トルクコンバーターハウジングをアルミニウム製、ギアハウジングをマグネシウム製とした9-GTRONICトランスミッションは、前進ギアが2速分増えたにもかかわらず、従の7G-TRONICと比較して1kg軽量化されている。さらに、増えたギアにより同じ速度でも高いギアを使ってエンジン回転数を低くすることが可能となり、消費燃料の低減に貢献している。

新型ステアリング

今回の改良により、ステアリングは、従来のボール&ナット形式から電動機械式ラック&ピニオン式のステアリングへ変更し、ドライビングフィーリングを大幅に改良した。選択したドライブモードに応じて、「コンフォート」、「スポーツ」、「オフロード」の3セットのステアリング特性を切り替えることが可能となり、オンロードでは快適またはスポーティな操舵感が確保される一方、未舗装の不整路では直接的で正確なフィードバックが得られる。さらに、いずれの場合も十分なパワーアシストが付加される。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。