人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.07

世界最速0.03秒AFや新開発24-200mmズームレンズを搭載したソニーの新型『サイバーショット RX100 VI』

ソニーは、RX100シリーズとして初めて広角から望遠までをカバーする新開発24-200mm F2.8-4.5ズームレンズを搭載し、世界最速 0.03秒の高速AFとAF/AE追従最高約24コマ/秒の高速連写を実現したデジタルスチルカメラ、サイバーショット 『RX100 VI(DSC-RX100M6)』を6月22日より発売する。価格はオープン価格。予想実勢価格は約14万円。

新開発24-200mmレンズと一新した画像処理エンジン、光学式手ブレ補正搭載によるブレのない高画質の実現

『RX100 VI』にて撮影

新たに開発したZEISS Vario-Sonnar (バリオ・ゾナー) T* 24-200mm F2.8-4.5の高倍率ズームレンズは、12群15枚のレンズを有しながらも、8枚の非球面レンズを効果的に配置し、全群をズーム可動させることにより、RX100シリーズのボディサイズに収まる小型化を達成。同社独自の高度非球面AA(advanced aspherical)レンズ4枚と2枚のED(特殊低分散)ガラスを採用した非球面レンズが諸収差を補正することにより、望遠撮影時に目立ちやすい色収差を良好に補正。ズーム全域において画面周辺まで高い描写性能を実現する。本レンズは、レンズ交換式カメラであれば通常24-70mmと70-200mmの2本の交換レンズが必要な焦点距離領域をカバーすることにより、幅広いシーンの撮影を可能にした。

世界最速0.03秒の高速AFとRX100シリーズ初となる高密度AF追従テクノロジーを搭載

イメージセンサーの撮像エリア約65%をカバーする範囲に315点の像面位相差検出AFセンサーを配置。また、『α6500』や『RX10 IV』に搭載している高密度AF追従テクノロジーをRX100シリーズとして初めて搭載し、複雑な動きをする動体の追従性能も大幅に向上させた。
さらに、高速性と追従性に優れた像面位相差検出AF方式と、高精度なコントラストAF方式を併用するファストハイブリッドAFシステムを搭載。レンズ駆動制御も最適化し、世界最速0.03秒の高速AFを実現している。
検出した瞳に自動的にピントを合わせる瞳AF機能は、画像処理エンジンBIONZ Xの進化により検出精度・速度が向上し、追従性能が従来機比約2倍に。動きのあるポートレート撮影で、正面からうつ向き顔になった場合や、振り向いた瞬間、逆光で顔が暗いシーンなど、ピント合わせが難しい状況でも、瞬時に瞳を検出しピントを合わせて追従する。さらに、画像処理エンジンBIONZ XとフロントエンドLSIにより、AF/AE追従最高24コマ/秒の高速連写を実現し、決定的な瞬間を逃さずに撮影できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。