人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.07

安政2年に建てられた古民家をリノベートとしたホテル『鎌倉 古今』来年1月にオープン

くらつぐは2019年1月7日(月)、163年前の安政2年(1855年)に建てられた古民家に、日本家屋の魅力を残しながらリノベーションを加えたホテル「鎌倉 古今」をオープンすると発表した。建物の梁などは、建築された江戸時代当時のものをそのまま残しており、163年の歴史を感じることができる。
自然豊かな静寂に包まれた場所に佇む古民家で、約90m2の広い客室や、最先端技術を使ったサービスなどが提供され、宿泊者が快適に過ごすことができるラグジュアリーな空間となる。

また、オープンと同時に同施設内で「Restaurant COCON」としてレストラン事業も展開。世界でも高い評価を受けており、国内オーガニックレストランの先駆けとしても知られる奥田政行シェフがプロデュース。「Restaurant COCON」では、イタリアンベースのオーガニック料理が提供され、鎌倉ならではの“鎌倉野菜”も使用する予定だ。

奥田政行シェフ

2019年1月7日(月)から、鎌倉の中心地から少し離れた場所に位置し、施設の周りは豊かな自然に囲まれた古民家に、ホテル「鎌倉 古今」がオープンする。民泊新法が施行となる2018年6月15日(金)より、「鎌倉 古今」の公式サイトにて予約受付を開始。民泊新法に基づき、180日限定で営業となる。
鎌倉市は、多くの訪日外国人も訪れる一大観光地だが、古都保存法で歴史的風土保存区域に指定されたエリアが多く、宿泊施設が慢性的に不足している状態でもある。しかし、民泊新法の施行に伴い、古民家を宿泊施設として利用できるようになり、「鎌倉 古今」は鎌倉における古民家ホテルの先駆けとして、新たな観光体験を提案していく。

「鎌倉 古今」の主な特徴

過去から繋がる日本家屋での快適な宿泊体験

明治天皇により1869年に創建された由緒正しき「鎌倉宮」や、初詣で多くの観光客が訪れる「鶴岡八幡宮」など、歴史的な寺社仏閣などが徒歩圏内にある好立地。施設周辺にはハイキングコースもあり、自然と歴史を一緒に体感できる。また、江戸時代から使われ続けている梁や、蔵などの古民家ならではの魅力を残しながらも、快適な宿泊体験を約束する機能性を備えたホテルでもある。

古風な日本らしさと、現代の最先端技術が融合

訪日観光客の宿泊も想定して、客室にはホテル宿泊者が無料で使えるスマートフォンレンタルサービスである「handy」を導入。国内外に関わらず通話ができる。宿泊中は外出時に自由に持ち出すこともできるため、周辺の観光情報やグルメ情報などの収集も可能。また、客室内には「Amazon Echo」も備え付けられており、滞在中は快適に過ごすことができる。

自然に囲まれた古民家でのヒーリング体験

「ヒーリング&ラグジュアリーステイ」を掲げる同施設では、「The Quality Sleep」を企業理念に掲げ、最高の眠りを提供するエアウィーヴ社が宿泊客ごとに最適な寝具を提案。その他、提携エステティシャンによるSPAトリートメントを客室内で受けることもでき、至極の宿泊体験が提供される。

ホテル「鎌倉 古今」 施設概要

施設名/鎌倉 古今(かまくら ここん)
住所/鎌倉市二階堂836
宿泊料金/1名  4万8000円(1泊朝食付プラン、税別)、1名 6万円(1泊夕朝食付プラン、税別)
客室数/2室(88m2、82m2

関連情報

https://www.kamakura-cocon.jp/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。