人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.06

食堂と何が違う?タニタの新業態旗艦店『タニタカフェ』が有楽町にオープン

健康総合企業のタニタは、こころの健康づくりをコンセプトにした新業態の旗艦店「タニタカフェ有楽町店」を6月6日、JR有楽町駅構内(東京都千代田区)のルミネストリートの一角にオープンした。タニタカフェは、「楽しさ」や「心地よさ」といった「こころの健康づくり」につながるエッセンスを採り入れたコンセプトカフェになる。


食材の食感を残した新感覚の「噛む」スムージー「カムージー」はじめ、1日に必要な野菜量の半分を無理なく摂ることができる「有機野菜ともち麦のサラダボウル」、「和だしのフォー」など、おいしく、楽しみながら、自然と健やかになっていけるオリジナルメニューをラインアップ。同社では「20代-30代の女性をメーンターゲットに、新しいカフェの楽しみ方を提案していきます」とコメントしている。

■野菜を無理なくたっぷり摂ることができるオリジナルメニューをラインアップ

タニタカフェでは、「楽しくておいしいヘルシーメニュー」をコンセプトとしたオリジナルメニューを提供する。ドリンクメニューでは、野菜やフローズンフルーツ、豆腐、チアシード、こんにゃくゼリーなどが入った、タニタカフェオリジナル・新食感の“噛む”スムージー「カムージー」のほか、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸を通常のコーヒーの約2倍含むタニタオリジナルのブレンドコーヒー「タニタコーヒープレミアムブレンド」を販売。

また、フードメニューでは、野菜を1品あたり10種類以上と豊富に使い、1日の野菜摂取量(約350グラム)のうち、約2分の1の量(約175グラム)を補える「有機野菜ともち麦のサラダボウル」や「和だしのフォー」など、ボリュームたっぷりの野菜を無理なくおいしく食べられるメニューを提供する。
いずれのメニューも野菜をたっぷり使用し、流行のカフェメニューをタニタオリジナルのメソッドでアレンジ。カロリーや塩分などは、タニタ食堂の基準にとらわれることなく、「おいしさ」や「楽しさ」に重きを置くとともに、旬の有機野菜のおいしさを楽しみながら、1日に必要な野菜量を摂りやすくするよう工夫したという。

使用する有機野菜については、楽天と提携。同社が展開する農業サービス「RakutenRagri」に参画する生産者から直送された旬の有機野菜を使用する。

【店舗概要】
名称/タニタカフェ有楽町店
所在地/東京都千代田区有楽町2丁目9番6号ルミネストリート内
席数/43席
営業時間/物販9:00―21:00、カフェ11:00-22:00(LO.フード21:00、ドリンク21:30)
※テークアウトはLO.21:00

関連情報

http://www.tanita.co.jp/tanitacafe/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ