人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.06

モバイルゲームが変わる!?ASUSが発表した究極のゲーミングスマホ『ROG Phone』がスゴい!

ASUSはCOMPUTEX 2018にあわせて、ゲームプレイに特化したゲーミングスマートフォン『ROG Phone』を発表。

 ASUSは、台北で開催中のCOMPUTEX 2018に先駆けたプレスイベントで、ゲーミングPCの人気ブランド『ROG』シリーズのスマートフォン、『ROG Phone』を発表した。チップセットにクアルコムのSnapdragon 845を搭載し、クロック数を高め最大2.96GHzで駆動するCPUをを採用。さらにメモリーもRAM最大8GB、ROM最大512GBとフルスペックで、ベンチマークテストでも他社製スマートフォンを圧倒しているという。約6インチ(1080×2160ドット)、18:9のディスプレイはHDR対応の有機ELで、90Hzの高いリフレッシュレート&応答速度1msのゲーマー仕様となっている。リソースをゲームに集中できる「Xモード」を備えるほか、2画面になる「TwinView Dock」、左右にコントローラを追加できる「WiGig Dock」、外部ディスプレイに出力できる「Mobile Desktop Dock」などオプションも充実。ゲームをプレイすることにフォーカスした機能が、これでもかと詰め込まれている。価格や販売国は未定で、発売時期は2018年第3四半期の予定。日本での発売についても検討中だが、「あまりにすごいスペックで、安定供給は容易ではない」という。注目のゲーミングスマホを現地からレポートする。

『ROG』シリーズのブランドイメージにあわせて、ASUSのジョニー・シー会長も革ジャン姿で登場。

 巨額な賞金がかかった世界大会が多数開催されるなど、盛り上がりを見せている「eスポーツ」。こうした「eスポーツ」でプレイされるPC用ゲームの一部が、最近スマホ向けに移植されて人気を集めている。『ROG Phone』は徐々に増えつつある、こうしたハイスペックゲームをプレイするために開発されたもの。背面には冷却用の排気口を備えるほか、さらなる熱対策として外付けの冷却ファン「Aeroactive Cooler」も用意されている。ゲームは横向きでプレイするのが基本のため、底面のほか、本体を横にしたときに下側になる左側面にもUSB Type-Cポートを装備。「Aeroactive Cooler」を装着した状態でも電源の供給やヘッドフォンの接続ができるよう工夫されている。『ROG Phone』のバッテリーは約4000mAhと大容量だが、ハイスペックゲームを長時間プレイすれば、すぐに電池切れとなることは容易に想像がつく。そのため電源供給しながらでも快適にプレイできるように、考えられているというわけだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ