人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.05

iOS 12に作業中断を減らし画面を見ている時間を管理する新機能導入

 アップルは本日、ユーザがiOSデバイスの使用時間を把握し管理できるようiOS 12に組み込まれる、一連のツールを発表した。これらの新機能は、今月中に提供が開始されるiOS 12パブリックベータ版の一部として利用できるもので、アクティビティレポート、Appの制限、新しくなった「おやすみモード」や通知のコントロールなど、使用の中断を減らし、ユーザ自身や家族が画面を見ている時間を管理できるように設計されている。

「iOS 12は、アプリケーションやウェブサイトに費やしている時間、一日にiPhoneやiPadを手にとる頻度、通知の受信件数をより詳しく把握し、管理するための詳細な情報とツールを提供します」と、アップルのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギ氏は述べている。「2008年にiPhone向けのペアレンタルコントロールの提供を始めて以来、チームは何年にもわたり深く考え抜いた結果として、保護者がお子さんの使っているコンテンツを管理する機能を追加しました。Screen Time(スクリーンタイム)では、一連の新しいツールを使って、ユーザはデバイスの使用時間を管理し、こなさないといけない重要なことのバランスをとることもできます」

■おやすみモード

 iOS 12では、おやすみモードの機能が強化されている。このパワフルな時間管理ツールによって、学習、授業、ミーティング、夕食の際に気が散ることなく、よりその場に集中できるようになる。また、新しい「Do Not Disturb during Bedtime(ベッドタイム中のおやすみモード)」も追加されている。

 これは翌朝に操作するまでディスプレイを暗くし、ロック画面の通知を非表示にすることで、睡眠の質を高める機能だ。さらに、特定の時間や場所に基づいて自動的におやすみモードを終了するよう設定できる新しいオプションがコントロールセンターに追加された。

■通知

 作業の中断を減らすため、iOS 12には、通知の受信方法を管理するためのオプションが追加されている。通知を完全にオフにすることも、直接通知センターに送るようにすることも、瞬時に設定できる。さらにSiriが、ユーザがどのアラートに反応してデバイスを操作したのか学習し、サウンドを再生せずに受信する、アラートをオフにするなどの通知の設定も賢く提案する。また、iOS 12にはGrouped Notificationsも導入されているため、複数の通知を一度に表示したり、管理したりするのが簡単になる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。