人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.05

3分でわかるmacOSの最新版Mojaveの進化のポイント

 アップルは本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新版、macOS Mojave(モハべ)をプレビューした。macOS Mojaveは、プロのワークフローをヒントとした、パワフルでありながらも誰にでも使えるように設計された新機能を提供する。macOS Mojaveで新しく搭載されたダークモードは、フォーカスがユーザーのコンテンツに当たるようなドラマチックな新しいスタイルにデスクトップを変化させる。新しいスタック機能は、ファイルを自動的にスタックしてグループ化して整理し、散らかったデスクトップをすっきりと整頓してくれる。News、株価、ボイスメモ、ホームなど、おなじみのiOSアプリケーションが、はじめてMacで使えるようになった。また、FaceTimeがグループ通話に対応するほか、Mac App Storeが刷新され、豊富なエディトリアルや、Microsoft、Adobeなどトップクラスのデベロッパによるアプリケーションも加わった。

「macOS Mojaveは、一般的なユーザーからプロフェッショナルなユーザーまで、幅広いMacユーザーのためのパワフルな新機能を導入したメジャーアップデートです。ダークモードは、コンテンツを中心に配置するドラマチックで新しいスタイルをmacOSにもたらします。また、おなじみのiOSアプリケーションが、はじめてMacで使えるようになったほか、Mac App Storeが刷新されて、新しいアプリケーションがさらに見つけやすくなり、これまで以上に楽しめるようになりました」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギ氏は述べている。

■ダークモード

 macOS Mojaveでは、ダークモードに切り替えてデスクトップを暗い色調に変えることができ、それによりコントロール部分が背景になじみ、ユーザーのコンテンツにフォーカスが当たるようになる。ユーザーはデスクトップの明暗を切り替えることができる。メール、メッセージ、マップ、カレンダー、写真など、Macの内蔵アプリケーションではすべて、ダークモードのデザインを利用できる。また、macOS Mojaveには、その日の時刻に合わせて自動的にデスクトップ画像を変更する新しいダイナミックデスクトップ機能も搭載される。デベロッパはAPIを利用して、作成するアプリケーションにダークモードを実装できる。

■デスクトップとFinder

 デスクトップ用のスタックは、ファイルをファイルタイプ別に自動的にスタックしてグループ化して整理するため、散らかったデスクトップをすっきりと整頓してくれる。ユーザーは、日付やタグなどのファイル属性に基づいてファイルを分類するよう、スタックをカスタマイズすることもできる。FinderもmacOS Mojaveで大幅にアップデートされ、ユーザーがファイルに視覚的にすばやく目を通すことができる、まったく新しいギャラリー表示が採用されている。「プレビュー」パネルでは、ファイルのメタデータがすべて表示されるようになり、メディアアセットを簡単に管理できるようになった。クイックアクションを使うと、パスワード保護されたPDFの作成や、ファイルへのカスタムAutomatorアクションの実行などが、Finderから直接できるようになる。クイックルックでは、ファイルを実際のサイズですぐにプレビューできるため、ユーザーは画像の回転やトリミング、PDFのマークアップ、ビデオやオーディオクリップのトリミングなどをアプリケーションを開かずに実行できる。

■News、株価、ボイスメモ、ホーム

 macOS Mojaveでは、News、株価、ボイスメモ、ホームなどの便利なアプリケーションをはじめてMacで使えるようになった。Newsアプリケーションでは、Macのディスプレイ上で記事の写真やビデオを鮮明に表示でき、ユーザーはこのアプリケーションひとつでお気に入りの出版物をフォローできる。ホームアプリケーションを使うと、MacユーザーはHomeKit対応のアクセサリをコントロールし、コンピュータの前から離れることなく、照明のオン/オフやエアコンの温度設定などができる。ボイスメモでは、個人的なメモや、講義、ミーティング、インタビュー、曲のアイデアなどを録音し、録音した内容に、iPhone、iPad、Macから簡単にアクセスすることができる。株価アプリケーションは、厳選されたマーケット情報やパーソナライズされたウォッチリストを、株式相場やインタラクティブなグラフとともに届けてくれる。

■Group FaceTime

 Group FaceTimeを使うと、簡単に複数の人と同時にチャットができるようになる。参加者はいつでも追加でき、会話がアクティブな間は後から参加することも可能。また、iPhone、iPad、Macからビデオでもオーディオでも、さらにはApple WatchからFaceTime オーディオを使って会話に参加することも可能。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。