人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.05

“煽り運転”事件の影響?高まるドライブレコーダーの利用率

近年、高齢者の運転ミスによる交通事故や、飲酒運転、煽り運転による交通事故など、クルマの事故に関する報道を耳にすることも多くなっている。私たちもいつか交通事故に巻き込まれるかもしれない。そのような不安がある状況の中で、一般のドライバーは、普段の運転や事故の備えについてどのように考えているのだろうか。

今回、マクロミルは、全国18~69歳の男女1万名を対象者に、運転免許及び自家用車の保有実態について、調査を実施した。

★自家用車の世帯保有率は76%
まずは全国の18~69歳の1万人に対して、自家用車の世帯における保有状況を尋ねた。自家用車の世帯保有率は全体で76%、その中でも特に男性40代以上ではスコアが8割を超えており、世帯保有率が高くなっている状況。反対に10代や20代では自家用車の世帯保有率は比較的低くなっている。

また、昨今、車両台数や会員数が増加していると言われているレンタカーやカーシェアリングなどの利用状況はどのようになっているのだろうか。カーシェアリングにフォーカスして利用有無を尋ねた。世帯において「現在カーシェアリングを利用している」と回答した人は、全体の2.6%。「以前利用したことはあるが、現在カーシェアリングは利用していない」と回答した人が2.8%、合わせて約5%の人が、カーシェアリングの利用経験者(世帯における利用経験)であることがわかった。なお、性年代別にみると、男性20代で比較的利用経験率が高く、16%となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ