人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

境界線はどこ?こんなに違う男女の浮気観

2018.06.05

「浮気をされている!」と見抜いたことがあるかどうかも聞いてみた。

こちらも、「浮気されている」と実感している女性が多い分、「浮気を見抜いた」と回答する人が男性よりも多いようだ。

ここで気になるのが、浮気をどうやって見抜いたのかというところ。

いつもと違うことをしなければバレないのに、なぜ明らかに挙動不審な行動をしてしまうのだろうか。

「それはズバリ、「やましい」から。浮気はいけないこと、相手を裏切ること、何よりどこかで嘘をつくことになりますから、誰もが「罪の意識」を抱いているはず。たとえ相手に挙動不審と思われようが、浮気がばれるよりはマシだと思っているのでしょう。結局、変な言動は「ばれたら困る」という怯えの裏返し。手や指で鼻に触るという何気ないしぐさも、隠し事がある証拠。それがすべて逆効果なのですが」と植田先生は語った。やましい気持ちは無意識に現れてしまうのだろうか。

浮気なんて、しないのが一番。それにも関わらず、なぜ人は浮気をするのだろうか? 

すると、男女ともに「パートナー以外に気になる相手ができたから」が一位という結果に。続いて、「パートナーとのマンネリ化」「浮気相手に流されてとどちらも変わらない結果になった。

次に、浮気をされたことがあると答えた人に、なぜ浮気をされたと思うか聞いてみた。

男女ともに「パートナー以外に気になる相手ができた」のでは、という回答が一位だったが、次に多い結果に違いが見られた。

「男性は『浮気相手に流されて』が2位。これは、男性にとって、浮気したのは女性の心がわりではない、と考えたいから。一方、女性では『マンネリ化』が2位。これもやはり浮気を自分のせいにしたくないからです。どちらも、浮気されたのは自分が悪いわけではないと思いたい。相手に非があるからこそ、何年経っても浮気が許せないと悩むのです。男性100人を対象にした別のアンケートでは、たとえ一回であっても“浮気を許せない”と答えたのは60%以上でした」(植田先生)

皆さんがもっとも気になるだろう事柄が「どこからが浮気か」の問題。果たして男女間でどんな違いが生まれるのだろうか?

「体の関係を持つ」「キスをする」「手をつなぐ」の順で多い結果となりました。意外にも、男女でほとんど差がないという結果に。

でも、度々起こる男女間の浮気問題は、こうした男女の「浮気のライン」が原因じゃないの?と思った人も多いはず。男女で浮気だと思うラインは違うかどうか聞いてみた。

調査結果としてはほぼ変わらないものの、「浮気だと思うライン」は男女で違うと思うか、という問いには双方そろって「はい」という回答が7割以上。

女性にとって浮気の基準が気持ちであることを理解しつつ、肉体関係を結ぶことは浮気でないと思っている男性が多い様子。このような微妙な感覚の違いが男女のすれ違いを生むのかもしれな。

「基本的に自分のDNAを残したいと思うのは男性です。男性は、妊娠や出産ができないので、このような表現になるのでしょう。また、男性のSEX自体が自身の肉体的快楽を求めていることが多いために、浮気のラインを気持ちではなく体の関係に求めるのかもしれません。

女性の中にもSEXが大好きな人はいますが、それはあくまで二次的なこと。基本的に愛が前提になっているSEXを求めるのは女性の特性でもあります。女性は精神的な結びつきや関係性を一番に考えていると言えるでしょう」(植田先生)

<調査概要>

・調査時期 :2018年1月31日(水)~2018年2月2日(金)

・調査方法 :インターネット調査 

・調査人数 :1,876名(女性:1,737名 男性:139名)

・調査対象 :めちゃコミック会員

関連情報/https://sp.comics.mecha.cc/

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。