人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.05

境界線はどこ?こんなに違う男女の浮気観

男女間で悩みの尽きない問題の一つが浮気。あなたも身の周りでそうした話を聞く…あるいは、自分自身が浮気をしたりされたりという経験がある人も多いのでは?

めちゃコミックは「浮気」に関するアンケート調査を実施。興味深い調査結果が出たのでご紹介しよう。

調査結果

自分が浮気をしたことがある、と答えたのは何と全体の4割近く。10人に3人は浮気経験があるようだ。一般的に浮気というと男性のイメージが強いかもしれませんが、実は女性も結構浮気をしている様子。

その浮気が相手にバレなかったのかどうかが気になるところ。浮気を見抜かれたことがあるかについても聞いてみた。

浮気バレについては、男女で大きな差が現れた。女性はほとんどバレない(あるいはバレていると実感しない)のに対し、男性は2割が見抜かれてしまったと回答。

「女の勘」(29歳女性会社員)、「私と彼と浮気相手がみんな同じ職場で、雰囲気でわかった」(26歳会社員)など、空気を読み取る力に長けている女性は、男性の些細な変化にも敏感なのかもしれない。

医学ジャーナリスト・医学博士でありながら、心理学や衛生学など幅広い専門知識で、テレビ番組のコメンテーターとしても活躍する植田美津恵先生に今回のアンケート結果について考察していただいた。

「『男は浮気するもの』という意識は昔から根強い。これは、男尊女卑の思想や家長制度の影響でしょう。現代でも、夫や彼の発言・行動に「男尊女卑」を感じると答えた女性は70%という調査があります。女性が『浮気しているのでは?』と男性を疑う気持ちが強いのに、逆に男性はそれが弱い。この意識の違いが、女性の「見抜く力」を育んでいるのです」

  それでは逆に、浮気をされたことがあるかを聞いてみた。

こちらも、全体では4割近くが「浮気をされたことがある」と回答。男女で比較すると、女性の方が若干多いイメージ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ