人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

シチュエーション別!カーシェア、レンタカー、カーリースの賢い使い分け方

2018.06.02

■カーサービスの最新ニュース3選

カーサービスも、一概に単純に価格だけでは比較できなくなってきている。さまざまなサービスが付帯しているためだ。例えば、先のカーシェアのナイトパックなどは良い例だ。

今年度に入ってから、レンタカー、カーリース、カーシェアそれぞれのサービスに、新しい動きがあった。その3つの最新ニュースをチェックしておこう。

1.トヨタレンタカーがプレミアクラスを新設

近年、車は「所有」だけでなく、シェアやレンタルなどの「利活用」ニーズも高まっている。こうした自動車業界を背景に、トヨタ自動車が2018年4月2日からレンタカーサービスに、トヨタの高級車ブランド「レクサス」を取り扱う「プレミアムクラス」を新設した。このプレミアムレンタカーはすでに市場が伸びているそうだ。

東京を中心とする14都府県の一部店舗にて取り扱いを開始し、順次全国へサービスエリアを拡大していくという。

2.コネクテッドカーのカーリースが新登場

インターネット常時接続の車「コネクテッドカー」のカーリースが登場した。最短1年から5年程度の期間で、月額固定料金でコネクテッドカーが利用できる「SmartDrive Cars」が2018年4月12日から関東の一部で受付スタートした。5月下旬からは首都圏(1都3県)に加えて、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県にも提供エリアを拡大する。

提供する株式会社スマートドライブの担当者によると、メリットとして“維持費や税金が含まれた月額固定料金で利用できるお得さ”や、法定点検、車検などの手配や支払い、税金も自分で行う必要がないことから、“車の知識がなくても維持がカンタン”なことを挙げる。また、コネクテッドカーならではの安全運転診断、安全運転によって各種ギフト券などに交換可能なポイントが貯まる点も新しい。

今後は、任意自動車保険や駐車場の提供のほか、それらの料金も月額固定料金に含めることで、車にまつわる費用の一本化を検討しており、さらなる利便向上を考えているそうだ。

3.鉄道とカーシェア利用で交通費がお得に

2018年4月10日から小田急線PASMO利用で、タイムズのカーシェアリングサービスであるタイムズカープラスの利用料金がお得になるサービス「小田急レール&カーシェア」がスタートした。小田急線を利用時にPASMOで乗車すると、小田急線の沿線にある対象ステーションのタイムズカープラスの利用料金が206円優待される。つまり東京都心から小田急線沿線の郊外までは電車で行き、その後の移動はカーシェアリングを利用する用途に向いている。観光やドライブ、出張利用などにうまく活用できそうだ。

「所有」から「シェア」「利活用」への変化と共に、ますます便利かつ車を楽しめるサービスがぞくぞく登場している。これからはマイカーを持つことの楽しさに加えて、車を活用する楽しさも増えていくだろう。

【参考】
・トヨタ自動車、レンタカーサービスに「プレミアムクラス」を新設
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/21660989.html

・株式会社スマートドライブ SmartDrive Cars
https://smartdrive-cars.jp/

・小田急レール&カーシェア
https://plus.timescar.jp/randc/odakyu/

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。