人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

雨の日こそ攻めの1足を選ぶべし!お洒落な防水&撥水ビジネスシューズ6選

2018.06.06

沖縄気象台の発表によると、昨年よりも5日早い梅雨入りとなった日本列島。今年も悪天候に悩まされる季節がやってきた。雨の日の最大の難点は〝服装の制限〟。特に靴に対する不満は根深い。防水・撥水を掲げるビジネスシューズは昔からあるが、見た目の問題から敬遠されることが多かった。近年は「ダサい」「おじさん臭い」といったネガティブなイメージを払拭する、おしゃれな防水・撥水靴が次々に登場。革靴、一体成型靴、スニーカーの3カテゴリーから、今選ぶべき6足を紹介しよう。

=革靴編=

 ビジネスパーソンの基本靴である革靴。旧来の撥水・防水カテゴリーでは合皮製がメーンだったが、ゴアテックス プロダクトテクノロジーの登場をきっかけにファッショナブルに飛躍。一見して防水靴だと気づかれない、エレガントなモデルが誕生している。

リーガル『04HR CF』3万6000円
問い合わせ先/リーガル TEL:047・304・7261

マドラス『M752S』3万2000円
問い合わせ先/マドラスお客様相談室 TEL:0120・30・4192

<リーガル>が手掛ける堅実な顔立ちの外羽式プレーントゥと、イタリア発祥の国内シューズブランド<マドラス>が展開する、色気のある内羽式ストレートチップ。キャラクターの異なる2足はどちらも「ゴアテックス サラウンド® プロダクトテクノロジー」が採用されている。

ゴアテックス フットウェアの根幹をなすのは、ゴアテックス メンブレンという薄い特殊な被膜だ。1平方㎝あたり14億個以上の孔があり、これが防水性・透湿性を両立させる。

では、通常のゴアテックス フットウェアとゴアテックス サラウンド® フットウェアの違いは何か。簡単にいえば、ゴアテックス サラウンド® フットウェアは、通気孔を設けた専用アウトソールとセットになったテクノロジーだ。これにより、ソールを含む全方位でムレが逃げる。つまり、靴内部を常にドライで快適な状態に保つことができるのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。