人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.17

東京下町の魅力再発見!おとなのデートコース「谷中」

【谷中】明治新政府は、徳川の時代の終わりを庶民に知らせるため、町名を変え、江戸城を皇居に変え、「江戸」を別の町「東京」として生まれ変わらせました。ですから、東京っ子は、420年の歴史を持つ古都に住むわりに、歴史を感じることがありません。が、よく見れば、東京には今も随所に江戸が残っています。蔦屋重三郎が1802年に葛飾北斎の絵で出版した「画本東都遊」になぞらえ、下町に残る江戸を紹介します。こちらを参考に、ぜひ下町歴史探訪にお出かけください。

【 谷中 】

谷中

 上野・不忍の池から護国寺まで、文京区の縁沿いを半円形にぐるっと回る全長6km半の不忍通り。その不忍通りの東側の地下を通って、湯島からJR西日暮里駅のほうに抜けているのが、地下鉄・千代田線。その不忍通り下の千代田線・根津駅、千駄木駅と、坂の上の寺町・谷中を結ぶ二等辺三角形のエリアは、「谷根千」と呼ばれる、超人気の散歩スポット。町には平日の昼間から、地図とカメラを手にした年寄りがウロウロしている。「そうだ京都に行こう」なんて言わなくても、根津か千駄木の駅で降りて坂を上ればそこには、70もの寺が集まる小京都——こんな手近でステキな場所を、お年寄りに独占させておく手はない。ということで、東京の真ん中で古都を感じられる谷中散歩をご紹介しよう。

 この辺りに寺がこれほど集中しているのは、元々、徳川将軍家の菩提寺・寛永寺があって、その子院が多かったところにもってきて、1657年の「明暦の大火」(外堀の内側の市街地を、江戸城天守閣も含め、完全に焼き尽くした日本史上最悪の火災)の後、幕府が神田方面の寺を全部ここに移転させたから。

 江戸時代、寺は、有力な旗本や大名の菩提寺になれば、永代供養料で一生食っていけたそうで、谷中の70の寺院はそういうセレブにアピールするため、毎月、富くじ・月見会・菊祭り・相撲興行といった人集めのイベントを実施。おかげで谷中は、侍たちの一大テーマパークになっていた。

 例えば、三崎坂の裏にある観音寺(MAP 1)は、四十七士が討ち入りの相談のために集まった寺だそうだが、そんなに大勢の侍がゾロゾロやって来ても怪しまれないくらい、江戸時代のこの町の寺は侍を集めていたというわけだ。

 谷中散歩は、千代田線・千駄木駅から始めよう。スタートは日差しの高い午後2時頃がいい。昼下がりの谷中は、本当にのどかで心癒されるから。

 千駄木駅から三崎坂を上って行くと、まず右手に、元治元年(1864年)創業の江戸千代紙の名店「いせ辰」(MAP 2)がある。この店は、幕末期、横浜開港に合わせ、江戸の風俗や名所を描いて手摺りにしたナプキンをヨーロッパに輸出して大成功。そのナプキンは、浮世絵の収集家だった画家フィンセント・ファン・ゴッホの手に渡り、ゴッホが1887年に描いた『タンギー爺さん』の背景に描かれているという。坂を少し上った左手には、安倍首相が坐禅に通う禅寺「全生庵」(MAP 3)がある。毎週日曜の夕方6時から、誰でも参加できる日曜坐禅会を開催しているので、興味のある方はぜひ。ほかにも、坂の左右には、招き猫専門店の『谷中堂』とか江戸指物の『木楽庵』など、女子が喜ぶジャパニーズ・レトロな店が点在している。極めつけは、坂を上り切った先の「谷中霊園」(MAP 4)の入口の、石材店や花屋の木造家屋の並びだ。この辺りは、関東大震災の大火や第二次大戦の戦災を奇跡的に免れたため、明治・大正の木造家屋が残っており、たたずまいの渋さは比類がない(向田邦子の名作ドラマ『寺内貫太郎一家』はこの辺りの石材店を舞台にしていた)。

 坂の延長をまっすぐ進むと、1914年竣工の木造の町屋をそのまま珈琲専門店にした『カヤバ珈琲』(MAP 5)があるので、この店でちょっと一服したい。向かいは、1910年創業の酒屋を移築した『旧吉田屋酒店』で、内部は「下町風俗資料館」(開館は夕方4時まで)になっているので、ついでに中を覗いてみるのもいいだろう。

 この十字路から右に折れ、一乗寺の手前をさらに右に入ったあたりが、無数の寺がズラッと並ぶ、京都を上回る寺密集エリア。貴族が作った京都の雅な寺とは多少趣は異なるが、どの寺にもノンビリした田舎っぽさがあり、中を散策すれば、小旅行気分に。寺は大筋、夕方5時までは門が開いており、中を覗くことが可能だ。

 さて、三崎坂に戻って、今度は前述の全生庵の角を入って行くと、観音寺の築地塀(土で塗り固められた塀)に突き当たる。200年以上前に作られたと言われるこの土塀の周囲は、京都の匂いがプンプン。こんな塀が裏通りに何気なく建っているところが谷中の凄いところだ。

 この塀の先、蛍坂という細い坂道を下ってしばらく行くと、低層2階建ての商店が並ぶ「谷中銀座」の入口に出る。この商店街の入口と道を挟んだ反対側に、「夕やけだんだん」(MAP 6)と呼ばれる36段の階段があり、夕暮れ時、この石段から振り返って、商店街の上空の夕焼けを眺めると、昭和にタイムスリップしたような、えもいわれぬ懐かしさを感じる。この辺りは、江戸時代には「日暮しの里」と呼ばれ、それが今の「日暮里」の語源。江戸の昔から、夕焼けが抜群にきれいな場所だったのである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ