人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

専門家に聞くパソコンのセキュリティソフトの正しい選び方

2018.06.04

 また、最近は「脆弱性対策」も注目されている。言葉だけはなんとなく聞いたことがあるが、これはいったい何だろう?

「パソコンのOSやソフトウェアなどのプログラムを設計する際、どうしてもセキュリティ上の欠陥が生まれます。こうした設計上の欠陥を脆弱性といいます。

 世の中には設計に穴がないか血眼になって探すクラッカーたちが数多くいるので、その穴を塞ぐために配布される更新プログラムをしっかり適用してください。そしてその配布の通知をしてくれるのが「脆弱性対策」であり、近年重要になりつつある機能です」

 そしてもう1つ欠かせない要素が、「動作の軽さ」だ。

「セキュリティソフトをインストールすると、どうしてもパソコンのパフォーマンスが低下します。ひどい場合、起動にかかる時間が2倍になることもあります。セキュリティ対策は万全でも、肝心のパソコンの機能が損なわれては本末転倒でしょう」

 ただ、動作の場合はパソコンの相性によって変わってくる。欲しいソフトが見つかった時は、無料体験版をインストールしてパソコンやソフトの動作を確認した後、購入を検討しよう。

 では、この2つの要素を踏まえた上で、セキュリティソフト比較サイトで紹介されているソフトをいくつか超要約してご紹介したい。

「ウイルスバスタークラウド」
 ウイルス検出率テストではこの数年トップ3圏内で安定している。しかし動作がやや重いので、古いPCやタブレット端末には厳しいかも。

「ノートン セキュリティ」
 ウイルス検出率と動作の軽さはトップクラス。しかしサポートセンターが中国の大連にあるため、日本語の話せるスタッフが応対するものの、いざという時に不安が残る。

「カスペルスキー セキュリティ」
 ウイルス検出率はもちろん、脆弱性対策も万全のこのソフト。セキュリティ対策を重視するPC上級者向けにもってこいだ。その反面、動作はやや重め。

「ESET」
 ウイルス検出率が物足りないものの、動作の軽さに定評があり値段がお手頃なので、セキュリティ比較サイトではトップの人気を誇る。

「McAfee」
 長年にわたりウイルス検出率テストで下位常連だったが、2018年版で新システムを導入した結果、平均レベルまで向上した。動作は軽い部類に入る。ただ、何台でもインストールできる「台数無制限」はかなり魅力的。

「PC Matic」
 一般的な知名度は低いこのソフト。しかしそのセキュリティ性能と動作の軽さはトップクラス。特に動作はESETより軽い。一方で少々使いづらい一面があり、他のソフトにない仕組みを採用しているので、まれにマイナーなソフトをブロックすることも。並のセキュリティソフトに飽きたPC上級者向けだ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。