人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.31

リキッド入りのフレーバーポッドをセットするだけ!ニコチン、タールゼロのVAPE『myblu』発売

イギリスに本社を置く多国籍たばこ会社の日本法人、インペリアル・タバコ・ジャパンは、世界で注目を集めるVAPEカテゴリーのトップブランドである『blu』の新製品『myblu』(マイブルー)を6月4日(火)より、blu公式オンラインショップおよび福岡県内のファミリーマート限定で、先行発売を開始する。

■世界的なトレンドとなっている「VAPE」(ベイプ)

蒸気でフレーバーなどを楽しむ「VAPE」は、欧米、中国他アジア地域などでタバコ葉を使う加熱式たばこより人気が高いという。実際、紙巻たばこを吸わない層、若者、セレブ層からも支持を集めるなど、幅広い層のユーザーに利用され、世界のたばこ市場の中でも急成長を遂げているカテゴリーだ。
今回日本初上陸となる『myblu』は、2009年より発売が開始されたVAPEのトップブランド『blu』の新製品になる。『blu』は、アメリカ、イギリスをはじめとする市場で発売され、その特徴である「フレーバーポッド」式デバイスはVAPEカテゴリーにおいて最も急速に成長しており、イギリスでは、2017年に第1位のVAPINGキット(#1 Vaping Kit in UK)を記録している(出典:Nielsen Scan Track 2016 & 2017)。
また、アメリカでもトップブランドとしての地位を確立しており、世界でもトレンドとなっているブランドだ。世界的に愛好されている『blu』の新製品となる『myblu』は、2018年末までにはドイツおよび日本を含む世界10か国の市場で発売される予定。

昨今、日本でのタバコを取り巻く環境は、健康志向の高まり、副流煙の問題や喫煙場所の制限により、喫煙者にとって厳しい環境となっている。一方、日本初上陸となる『myblu』は、ニコチンとタールを含まず、フレーバーを楽しめる製品だ。

■VAPE(ベイプ)とは

VAPEは、「リキッド」と呼ばれる、さまざまな味や香りの付いた液体を、電気熱で気化させて、その蒸気を吸って楽しむもの。多彩なフレーバーが簡単に楽しめるため、利便性の高いアイテムとしても注目を集めている。一方、「加熱式タバコ」は、ニコチン、タールの成分を含むタバコ葉を電気熱等で加熱して得られる蒸気を吸うもので、VAPEとは異なる製品だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ