人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.19

【あの人の愛用品】梅沢富美男さんのどら焼き

話題のあの人の愛用品を紹介します!

◎俳優・タレント 梅沢富美男さんのどら焼き

御菓子司 亀十『どら焼き』黒・白

御菓子司 亀十『どら焼き』黒・白

創業約90年、老舗和菓子店の看板商品。軽やかな口当たりの皮にしっとりとした、あんこが挟んである。常に行列ができており1時間待ちも。1個360円(定価・税込み)。

〝差し入れた150個が一瞬でなくなった!
 芸能人にも大人気の老舗の逸品〟

「甘いものが得意でない私が、このどら焼きだけはペロッと食べてしまうんです」と言う梅沢富美男さんが40年以上愛し続けるのは、浅草雷門前にある創業約90年の老舗和菓子店・亀十の『どら焼き』。

「私がまだ売れる前、大衆演劇の役者として、浅草の劇場・木馬館に出ていた頃から、亀十のご主人に贔屓にしていただき、その存在を知りました。パンケーキのようなふわふわの皮に、上品なあんこが挟んであるどら焼きは、固定観念を覆すほどのおいしさでした。それ以来、自宅用はもちろん、手土産としても愛用しています」

 どら焼きは黒あんと白あん2種類あり、梅沢さんは半個ずつ菓子折りにして用意することが多い。

「十勝産の小豆を使った黒あんと、とろりとなめらかな白あん、どちらも絶品です。白あんは和菓子好きの間で“どら焼き界の白雪姫”と呼ばれています」

 ドラマの現場に差し入れたところ、150個があっという間になくなったこともあった。

「現場でご一緒した方から、〝あれ、おいしかったです! 次もまたお願いします〟と言われることも多いんです(笑)。まさに私の定番、愛用品です」

梅沢富美男さん

Profile
1950年生まれ。「梅沢富美男劇団」座長。『梅沢富美男と東野幸治のまんぷく農家メシ!』(NHK)ほかレギュラー番組多数。妻・池田明子の著書『熟年離婚、したくなければズボラ婚。』(双葉社)も話題だ。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ