人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「パラレルキャリア」のメリットとデメリットを考える

2018.06.04

■パラレルキャリアには水平型と垂直型の2方向がある

そしてフリーランスといえば、複数の組織や団体にて異なる種類の業務を行う、パラレルキャリアであることも多い。パラレルキャリアは、必ずしも報酬をもらうものだけにとどまらない。いってみれば地域活動、プロボノ、ボランティアといった無報酬の活動や趣味的な活動も含まれる。

こうしたパラレルキャリアの一日、及び一週間の時間配分を定義したときに、水平型と垂直型に分かれるという。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会提供

この二つのパラレルキャリアのメリットとデメリットについて、プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会 代表理事の平田麻莉氏に挙げてもらった。

(1)水平型パラレルキャリア

水平型は主に、平日のコアタイムにメインとなる仕事をし、朝晩や週末などのすきま時間にサブの仕事をする、いわゆる会社員の副業のような形態だ。

●メリット
・基盤となる収入源(メインの仕事)があることで、収入が安定する。
・サブの仕事はスポット(単発)で始められるので、気軽に踏み出せる。
・シェアリングエコノミーやクラウドソーシングなど、仕事の選択肢が豊富で見つけやすい。

●デメリット
・あくまで本業優先なので、確実にまとまった副業時間を捻出するのはむずかしい。
・プライベートの時間を仕事に充てることになるので、家族や友人との時間は減る傾向。
・個人のセルフブランディングにおいて、とがった印象を与える効果は比較的低い。
例「●●企業」の○○さん

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。