人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.29

若者を中心に広がる「両声類」ブームとは?

「両声類」という言葉をご存知だろうか。音楽SNS「nana」を運営するnana musicは、「nana」のユーザーを対象に、若者の「音」の楽しみ方に関するアンケート調査を実施した。

★90秒の「音声」を投稿できる「nana」で、55%以上が音楽以外の楽しみ方を体験
ユーザーの95%がボーカルやコーラスなどの「歌声」を投稿している音楽SNS「nana」。しかし、55%以上が音楽以外の「音」を使った楽しみ方を経験している。

「声劇」…声劇用に作られた台本の登場人物ごとにパートを分け、複数人あるいは一人で声だけを使ってお芝居をする。多くの台本はユーザー自身が書いていることも注目の楽しみ方。
「声面接」…面接官役が指定するシチュエーションに合わせて、声で演技をする。
「ラジオ風台詞」…ラジオパーソナリティになりきり、リスナーとの掛け合いやラジオ風のセリフを読む。
「漫才」…漫才風の声劇。ボケとツッコミでパートを分けて、ユーザー同士がコラボして遊ぶ。
「落語」…オリジナルや既存の落語を投稿。
「早口言葉」…舌を噛むような言いづらい単語を高速で言う。複数人で交互に言うパターンもある。

この他にも、YouTubeで人気の「#ASMR(脳がとろけるように気持ちよくなる現象)」というハッシュタグで「咀嚼音」や「スライム(を握る、混ぜるなど)」の音を投稿したり、Twitterで話題となった「#キリトかなーやっぱ」のセリフを言うなど、他の投稿型サービスで流行したものをnanaで投稿するケースも多く見られる。

これは、90秒の音声とキャプション(説明文)だけで投稿するnana独自のフォーマットを使うことで、他の動画共有サイトよりも気軽に投稿でき、且つテキストだけの投稿よりも面白い投稿ができる“敷居の低いプラットフォーム”としてnanaが使われているためと考えている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。