人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.04

今、大企業が座学研修にスマホ動画学習を取り入れる理由

「人を育てる時間がない」「社員の成長したい気持ちにこたえられていない」このような、多くの企業がいま直面する二つの課題を「スマホ動画学習」で解決できる見込みがあるという。成果が出てきている大企業二社の事例から、どのようにスマホ動画学習を人材育成に生かしていったのか、そして実際、どのような効果が得られたのか探ってみた。

■「働き方改革」推進における課題

「働き方改革」で求められる労働時間の短縮。当然、人を育てる時間も減ってしまう。さらに、副業や兼業が推奨される中、いち早く多様な働き方を取り入れる企業に優秀な人材が移る可能性も低くはない。

そんな危機的な状況に直面している企業の中には、人材育成や研修時間効率化のために「スマホ動画学習」を取り入れているところもある。例えば、大手のグローバルな自動車部品メーカーと大手総合商社だ。この2社は何を思いスマホ動画学習を導入したのか、サービス提供者である「グロービス学び放題」のプロダクトリーダーである鳥潟幸志氏に尋ねたところ、次のように予想する。

「どの企業も働き方改革により、短時間で成果をあげること、『生産性向上』が求められています。生産性向上のためには、全従業員のスキルの底上げが必要です。しかし時間、予算、地理などの制約により、全員に育成機会を提供することは困難です」

そこで、この大企業2社は、スマホ動画学習に目をつけたという。

これまで座学研修などを提供していたところに、若手などを対象に広げたスキルの底上げを図り、PCやスマホで手軽に動画視聴ができる研修を取り入れた2社。

研修にも生産性向上の視点は必要だという観点から、「学び方改革」の遂行が進んでいるという。

■スマホ動画学習導入はなぜ成功した?

なぜスマホ動画学習が「学び方改革」に寄与しているのか。鳥潟氏は次のように話す。

「スマートフォンは24時間365日、常に持ち歩いている唯一のデバイスです。そのため、通勤時間、休み時間、寝る前、料理中、トレーニング中など、ちょっとした隙間に効率よく学ぶことができます。提供している動画も、1つの長さが3分程度に区切られているため、隙間時間に学びやすいことも要因と思われます」

■スマホ動画学習がもたらす成果

大企業2社が、全社員に向けて導入したというこのスマホ動画学習、まだ変革の過程にあるというが、今後、どのような成果がもたらされるのだろうか。

一社からは次のコメントが得られた。

「生産性向上に向けた効果はこれからですが、スマホ学習の導入当初は、総合職が移動時間などに見ることを想定していたものの、実際は一般職や事務職の社員が積極的に業務後などに利用を開始しています。これを受け、人事側でも一般職や事務職を対象とした総合職への転換希望調査の頻度を多くすることや、業務改善コンテストを開催することを決定しました。結果、一般職や事務職のモチベーションが上がり、できる仕事の幅が増えたため、総合職の仕事の一部を担うようにする予定となりました。総合職は空いた時間を新規ビジネスの創出に充てられるようになることから、全社的な生産性の向上を見込んでいます」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。