人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.28

2424万画素のAPS-Cサイズセンサー採用の本格派!富士フイルムのミラーレス一眼入門モデル『X-T100』

富士フイルムは、独自の色再現技術で卓越した写真画質を可能にする「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ『X-T100』を6月21日より発売を開始する。『X-T100』は、独自の色再現と充実した撮影機能により、幅広いシーンで簡単・快適に高画質な写真撮影を楽しめるエントリーモデルになる。

X-T100

ラインアップは『X-T100』本体に加え、デジタルカメラ レンズキット『X-T100/XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ』、デジタルカメラ ダブルズームレンズキット『X-T100/XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II』で、価格はいずれもオープン価格。予想実勢価格は順に約7万5000円、約8万8000円、約10万円。本体カラーはダークシルバー、ブラック、シャンパンゴールドを用意。

その主な特徴は次のとおり。

高級感のあるボディにAPS-Cサイズセンサーや独自の色再現技術を搭載し、高画質を実現

2424万画素のAPS-Cサイズセンサーを採用し、大型センサーならではの高い解像度と広いダイナミックレンジを活かした写真撮影が可能。同社独自の色再現技術との組み合わせで、幅広いシーンで高画質を実現する。設計面では「センターファインダースタイル」を採用。ボディに上質なアルマイト加工を施すことで、エントリーモデルながら高級感のある外観に仕上げている。またボディ天面には、直感的にカメラの設定を操作・確認できるダイヤルを配置するなど、優れた操作性も備えている。

小型・軽量ボディに高速・高精度AF、多彩なオート機能を搭載し、より簡単に決定的な瞬間を捉えることが可能

約448gの小型・軽量ボディと、新開発のシーン認識アルゴリズムによる高速・高精度な像面位相差AFとの組み合わせで、高い機動力を発揮。さらに、大容量バッファーメモリによる高い連写性能や、画面内の主要な被写体を自動で認識し追従する「主要被写体認識」機能など多彩なオート機能も搭載しているため、より簡単に決定的な瞬間を捉えることができる。

多様な撮影スタイルや快適撮影を可能とする機能、豊富なレンズラインアップで、撮影の楽しみを拡大

「Xシリーズ」で初めて水平方向に反転する3.0型3方向チルト式背面液晶モニターを採用。「美肌モード」との併用で、より高品位なセルフポートレートの撮影が可能になった。さらに0.39型・約236万ドットEVFや、一度の充電で約430枚の撮影が可能な省電力設計を採用するなど、実用性も大幅に高め、快適な撮影を実現。
小型・軽量なキットレンズ「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」との組み合わせで、広角端23mm相当(35mm判換算)での広い画角を活かした撮影や、最短5cmの接写撮影が可能。多人数の集合写真や、料理・小物などの撮影を楽しめる。また26本の豊富なレンズラインアップで焦点距離15mm~1200mm相当(35mm判換算)をカバーするフジノンレンズとの組み合わせで、あらゆるシーン・被写体に対応する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。