人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.27

静岡鉄道43年ぶりとなる新型車両のA3000形と、今なお主力として頑張る1000形の現在

 静岡鉄道A3000形は2015年12月に登場し、2016年3月24日から営業運転を開始した。同社の新型車両は、1973年に登場した1000形以来、43年ぶり。現在まで4編成が投入され、2024年までに現行の1000形を置き換える。

■12編成投入予定

「静岡レインボートレインズ」のロゴは、車内外に掲示。

 A3000形の「A」は、「Activate」(活性化)、「Amuse」(楽しませる)、「Axis」(軸)から由来している。それを体現するかの如く、2019年度まで投入される7編成については、「静岡レインボートレインズ」として、異なるカラーリングで登場。残る5編成は銀色ベースの予定である。

 それでは、現在活躍中の4編成を御紹介しよう。

○第1編成:Clear Blue

A3000形の車体側面は、車端部以外の側窓周囲は黒、車体上部と乗降用ドアは白をアクセントとしている。

第1編成のスカートと車体側面に、鉄道友の会2017年ローレル賞受賞記念のステッカーを貼付。

 富士山をモチーフとしたカラーリングで、カラーイメージは「安心、誠実」。

 Clear Blueと車両上部のホワイトという組み合わせは、富士山そのもの。ほかの編成に比べると、誇らしげに映る。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ