みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >洋食店顔負けの完成度!「セブンプレ…

洋食店顔負けの完成度!「セブンプレミアム ゴールド」の新作チェック(2018.05.28)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 続けて、いただいのは「金の直火焼ハンバーグ」、コチラは新旧の食べ比べ。新作は、パティに使用する牛肉のカット方法を変更。脂の多い部分はメンチに、赤身はそぎ切りにしジューシーさを残す。食べ比べてみると、新作の方が歯ごたえがあった。旧作と比べて、がっつりとした肉の風味が強くなっている。ただ、元も子もないことを言えば旧作ですら相当に美味しい。そこから、さらに味のクオリティを上げるミッション:インポッシブルを成功させた担当者は偉いと思った。

 上記2品は今までに食べた経験があった。しかし、ココからは初体験の味。

「金のビーフシチュー」が運ばれてくる。個人的には、試食会でこれが最も美味しかった。矛盾することを書くが、味の深さがレトルトではない。口の中に旨味が残る時間がすこぶる長い。見て! 写真に写るビーフシチューの色の濃さを。

 社員さんに感想を聞かれた際「実家で食べるお袋のビーフシチューの数倍美味い」と僕。そんなフレーズが漏れるほど、味のインパクトは強い。

 最後に食べたのは、これまた定番の「金のビーフカレー」。一口食べて、これがなぜ最後に運ばれてきたのか、その理由がわかった。想像以上に辛い。

 特に辛いものが苦手というわけでもない。けど辛い、辛さへの抵抗感が強い人はしんどい味だろう。幅広い人の好みに合う「セブンプレミアム ゴールド」の中では異色と云える一品。“辛い”とは書いたものの味は一線級。「ビーフカレーを名乗っても恥ずかくしないものを目指した」と社員さん。ゴロゴロとした肉も入り、なんともたまらないカレーだった。

 以上、4品を試食。各種メニューを口に運びつつ、「洋食専門店は大丈夫かよ……」といらぬ心配までしてしまう。それほどに全てが本格的な味なんだ。

 興味を持たれた方は、まずは『金のビーフシチュー』からいってみて、いってみて。

文/ヨシムラヒロム
イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使

<< 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。