人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.26

Xperia XZ 2、AQUOS R2、Galaxy S9、HUAWEI P20 Pro、ドコモの最新スマホ買うならどれ?

 NTTドコモがスマホの夏モデルを発表しました。「Xperia XZ2」シリーズ2機種、Galaxy2機種、「AQUOS R2」、「HUAWEI P20 Pro」らハイスペックモデル6機種は、東名阪の主要駅や人が多く集まる施設などをエリア化している、国内最速の受信時最大988Mbps(理論値)の通信に対応し、快適な通信が期待できます。また、レンズを複数持つカメラや、立体感あるサウンドを実現するDolby Atmosなどの技術を搭載してきたのも特徴です。そんな夏モデルの特徴を紹介します。

■デザインを一新した「Xperia XZ2」シリーズ3機種が登場

 大手3キャリアがXperia XZ2シリーズを扱っていますが、ドコモでは「Xperia XZ2 SO-03K」「Xperia XZ2 Compact SO-05K」「Xperia XZ2 Premium SO-04K」の3機種がそろっています。いずれもXperia XZ1シリーズの時のフラットなデザインを一新し、背面はカーブした手のひらになじむ形状になりました。また、XZ2とXZ2 Compactはトレンドの18:9の縦長ディスプレイを搭載し、見やすく、持ちやすくなっています。

「Xperia XZ2」は、5.7インチディスプレイを搭載。世界で初めて4K HDRの動画撮影に対応し、撮影した映像は、YouTubeへアップロードしたり、HDR対応テレビに出力したりして観られます。XZ1で搭載された960fpsのスーパースローモーション撮影は、今回、撮影時間は短くなるもののフルHDの解像度でも撮れるようになりました。

「Xperia XZ2 SO-03K」。左から、ディープグリーン、リキッドシルバー、アシェットピンク、リキッドブラックの4色をラインアップ。

 ユニークな機能としては、映画やゲームの音を解析して、音に合わせて本体が振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」があります。また、ステレオスピーカーはXperia ZX1よりも20%音量がアップしてXperia史上最大音量となったほか、サラウンド技術の「S-Forceフロントサラウンド」も搭載しています。

 カメラで撮って3Dアバターなどを作れる「3Dクリエーター」は、フロントカメラにも対応したため、今度は自分1人でアバターを作成できます。作ったアバターはアニメーションにしてFacebookでシェアしたり、スマホのマチキャラにしたりして楽しめます。

「Xperia XZ2 Compact」は5インチディスプレイを搭載。XZ1 Compactより大型化したものの、幅は65ミリをキープして持ちやすさは変わりません。また、XZ2と同等のカメラを搭載し、多彩な撮影が楽しめます。

「Xperia XZ2 Compact SO-05K」。ブラック、ホワイトシルバー、モスグリーン、コーラルピンクの4色。

 3モデルの中でもっとも注目されたのが「Xperia XZ2 Premium」です。Xperiaとして初めて、待望のデュアルカメラ搭載モデルであり、画像処理専用プロセッサ「AUBE」や超高感度センサーによって、非常に暗い場所でも自然な色合いで、ノイズも抑えて撮影ができます。

「Xperia XZ2 Premium SO-04K」。クロムブラック、クロムシルバーの2色。

 最高ISO感度は、静止画でISO51200、動画ではISO12800。人の目ではよく見えない暗い場所でも、ディスプレイで被写体を確認しながら撮影できます。デュアルカメラはカラーとモノクロの組み合わせで、カラーセンサーが読み取った色情報と、モノクロセンサーが読み取った輝度情報を融合することで、美しく鮮明な映像に仕上がります。

かなり暗い場所で動画撮影した際のディスプレイ。端末を持つ手袋をした手でその暗さを想像してもらいたいが、人間の目で見るよりも明るく、色を忠実にとらえている。

 2つのカメラを活用して被写体の背景をぼかした撮影や、モノクロ撮影も可能です。それに加え、4K HDRディスプレイを搭載しているので、XZ2 Premiumで撮影した4K HDR動画を、そのまま再生できる点も魅力です。もちろん、XZ2と同じカメラ機能やダイナミックバイブレーションシステムなども搭載しています。

 なお、Premiumのディスプレイは5.8インチで画面の縦横比率は16:9です。18:9の縦長ディスプレイに慣れた目には少し幅広に感じますが、実際、幅は80ミリもあります。重さも234グラムあり、女性には手に余る感じがあるかもしれません。発売は8月中旬とのことで、他のモデルより遅めですが、待つに値するカメラだと感じる性能の高さです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ