人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Razerから第8世代のIntel Core i7-8750Hを搭載した世界最小15.6型ゲーミングノート『BLADE』が登場

2018.05.24

ゲーマー向けライフスタイルブランドであるRazerから、インテルの最新のプロセッサを搭載した世界最小15.6インチゲーミングノートPC、新型『RAZER BLADE』が発表された。

リフレッシュレート144Hzの15.6インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイを備えた新しいRazer Bladeは、フルフレームの滑らかな動きのグラフィックスと 100% sRGB カラーでゲームやエンターテインメントがより楽しめるようになる。タッチ機能と 100% Adobe RGB カラーサポート対応により 4K (3840×2160) 解像度までセットアップ可能だ。
ノートパソコン ディスプレイは、製造時に個別にキャリブレーションされており、すぐにそのまま素晴らしいカラー精度が得られる。そしてディスプレイを囲むベゼルは 4.9mm とクラスで最も細幅で、画面トップの理想的な位置にウェブカメラが配されている。

この世界最小の15.6インチ ゲーミングノートPCは、厚さ 1.7cm、および最小占有面積で、究極の機動性を誇っている。
洗練されたシャーシは、それぞれアルミブロック単体からCNC削り出し加工された、頑丈かつコンパクトなデザイン。外観は傷つきにくい、陽極酸化処理のブラック仕上げになっている。
このように小さなフォームファクターでもパフォーマンスを犠牲にせずに熱管理をするのは簡単なことではないが、Razer では、ほとんどのゲーミングノートPCで使用されている従来方式のヒートパイプの代わりに、ベイパーチャンバーテクノロジーによる新方式を導入。真空内に閉じ込められた蒸発液体がCPUとGPUの冷却だけでなく、ノートPC内で他のコンポーネントから生成された熱の放散を助ける。

そしてナノ粒子材料とグラファイトベースのサーバーグレードの超薄型熱界面が、ホットスポットを減少し、熱伝達を促進する一方で、ハイパフォーマ厚さ0.1mmのフィン採用の高性能低ノイズファンのデュアル熱交換装置全体の熱流を駆り立てて、シャーシから外部にすみやかに排熱していく。

ほとんどベゼルレスとも言えるRazer Bladeでは、新しい第8世代 Intel Core i7-8750H をフィーチャーし、NVIDIA GeForce GTX 10 シリーズグラフィックスを用意している。新しい Intel 6 コア CPU は、最高で 4.1 GHz のターボブースト速度の処理能力、と応答性でその先のモデルをしのいでいる。

高速フレームレート実現のためのグラフィックスカードには、ゲーミング体験を最適化する Max-Q Design をフィーチャーした GeForce GTX 1060 と GeForce GTX 1070 から選択が可能だ。
Razerは、究極のマルチタスキングを目指して、2667MHz デュアルチャンネルシステムメモリ16 GB と、最大512GB構成に対応した高速PCIe SSDストレージを組み込み、最大32GB メモリと最大 2TB ストレージをサポートしている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。