人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.23

安定性とクッション性を高めたアシックスの長距離ランナー向けランニングシューズ『GEL-KAYANO 25』

アシックスジャパンは、長距離ランナー向けのランニングシューズ「GEL-KAYANO」シリーズから、安定性とクッション性をより高めた25代目となる最新モデル『GEL-KAYANO 25(ゲルカヤノ 25)』6品番を、6月1日からアシックス直営店各店、アシックスオンラインストアで先行発売を行ない、6月8日から全国のスポーツ用品店などで順次販売を開始する。
メーカー希望小売価格はすべて1万6000円。

「GEL-KAYANO」シリーズは、長距離ランニング用の高機能モデルとして1993年に発売しました。以来、「フルマラソン完走をより身近にするシューズ」という目標のもと、安定性やクッション性を重視しながら、軽量性や反発性の向上などにも努めており、新モデルは前作より機能性を向上させる、との社内基準を定めて商品化している。

今回発売する「GEL-KAYANO25」は、ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)に独自開発のスポンジ材「FlyteFoam Lyte(フライトフォームライト)」と「FlyteFoam Propel(フライトフォームプロペル)」を採用していることが特徴だ。

このうち「FlyteFoam」は、当社従来のミッドソール素材「E.V.A.(イーブイエー)」より約55%軽量で、素材に添加した繊維でアシストすることで優れたクッション性と耐久性を発揮する。今回採用した2つの素材は、「FlyteFoam」が持つ構造や特性を生かしながら、新たな材料などを加えることで機能を進化させたものだ。

「FlyteFoam Lyte」は、着地時に衝撃がかかりやすいミッドソールかかと部に採用しています。環境に配慮したエコ素材を使っており、「FlyteFoam」より軽量で耐久性が向上している。
「FlyteFoam Propel」は、ミッドソール全面に採用。反発性がより高まっており、特につま先が地面を離れる際に効果を発揮し、跳ねるようなライド感が得られるという。

アッパー(甲被)は、通気性に優れ、柔軟性が高い2層のジャカードメッシュを使用。また、親指部の幅と高さにゆとりを持たせた設計にすることで窮屈さを緩和するなど、優しいフィット感と快適な履き心地が得られるよう仕上げられている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ