人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.24

海外に目を向けると見えてくるビジネスを生み出すヒント

今、ビジネスの新しい波は海外から続々と押し寄せて来ています。今回紹介する海外発のビジネスレポートには、国内だけでは見えてこない、ビジネスのヒントが多数隠されています。

 

イーロン・マスクも参加!日本企業も出展したクリエイティブビジネスの祭典「SXSW2018」

 世界最大のクリエイティブ・ビジネスの祭典として日本で年々注目度を増している「サウス・バイ・サウスウェスト(以下 SXSW。基本情報は、過去記事を参照にて)」は、毎年3月に米国テキサス州のオースティンで開催される。今年開催された「SXSW2018」で世界中を驚かせたのは、あのイーロン・マスク氏がパネルディスカッションに飛び入り参加し、さらに直前に告知された「イーロン・マスクに質問しよう!」というセッションで登壇したことかもしれない。モデレーターの代表質問形式で会は進行し、マスク氏が率いるテスラ・モーターズや宇宙輸送ビジネスのスペースXについて語ってもらった。マスク氏は「火星へのロケット発射は2019年に準備できる」と具体的なコメントまで残してくれた。

 

知ってる?大企業も東大も注目するクリエイティブ・ビジネスの祭典「サウス・バイ・サウスウェスト」

 米国テキサス州のオースティンは、リベラルでクリエイティブな街として有名だ。そして2017年には米国内で最も住みやすい都市のナンバー1に選ばれる(US newsより)人気ぶりだ。この街を象徴するのが、1987年に始まったクリエイティブ・ビジネスの祭典「サウス・バイ・サウスウェスト」(以下、SXSW)である。

 

マーケッター必読!未来の消費を予言する「ジェネレーションZ」

 2018年は、先の読めない時代の本格的な始まりだ。「ジェネレーションZの消費行動」を知らないと、これからの10年間、ビジネスで遅れを取るだろう。

 もし、ジェネレーションZ自体を知らないのなら、いまのビジネスですら実態をつかめていないかもしれない。ジェネレーション Zは米国でGenZと言われる、1980年から2000年生まれのミレニアルに続く世代だ。産まれながらデジタル機器が当たり前で、固定電話も新聞紙も、もしかしたらカメラも手にしたことがないかもしれない子供達だ。

 

Google、Microsoft、Adobe、なぜIT企業のCEOはインド人が多いのか?

 グーグル、マイクロソフト、アドビの社長の共通点は何か?

 インドで生まれ育ったインド人であることがよく言われる。そう、IT業界でのインド人エンジニアの活躍、またNASAなどでの科学分野で活躍はよく聞くが、先進のIT大企業のトップとしてもインド出身者が目立っている。はたしてスタートアップはどうか? 5月にカリフォルニア州で開催された、最先端のテクノロジーカンファレンスでその動きを見た。

 

来年上陸!ソフトバンクが44億ドル投資する脱コワーキングスペース「WeWork」

 2010年にニューヨークで創業されたWeWorkは、コワーキングのスペースや貸オフィス、その付帯サービスを提供している。現在19か国178地域で展開し、これまで世界中で16万人のユーザーが同社メンバーに登録し、企業価値が200億ドルと言われるユニコーン企業だ。今年8月にはソフトバンクグループが44億ドルの巨額投資を発表し、日本でもその名を知られるようになった。

 

〝企業のためのホテル〟を提供するニューヨーク発の不動産スタートアップ「Knotel」

 ニューヨークに、企業向けのオフィス賃貸を提供する注目の新興企業がある。フロアあるいは建物を一括して管理運営して企業向けに貸し出す仕組みだが、単なる賃貸業でもコワーキングスペースでもない。 Knotel(ノテル)社は、2017年11月現在ニューヨークに25か所、サンフランシスコに1か所に賃貸スペースを持ち、東京ドーム約1個分の広さ(4.6万m2)に値する床面積を展開し、2017年は前年比3倍の床面積に急拡大中だ。小規模から大規模な企業まであらゆる企業のニーズにあったオフィスを1か月の短期から年間契約など様々な形で貸し出している。

 

世界最大のクリエイティブの祭典「Adobe MAX」で再発見した日本人のセンス

「Adobe MAX」とは? と聞かれたら、"世界最大のクリエイティブの祭典"と、今年の同カンファレンス参加者なら誰もがそう答える違いない。

 Adobe MAXとはソフトウェア開発・販売会社であり、デジタルマーケティング分野にも強いアドビシステムズ(以下アドビ)が主催するカンファレンスだ。2017年10月17日から20日まで米国・ラスベガスで行われ、昨年を大幅に上回る60か国以上から1万2000人ものプロのクリエイターたちが集結した。

 

世界最速で成長する中国のシリコンバレー「深セン」の本当の姿

中国のシリコンバレーと呼ばれ、世界最大の電気街「華強北(ファーチャンペイ)」があることで知られる中国の深セン市は、新しいカタチのものづくりに取り組む「メイカーズ」にとっての聖地であり、世界中から企業や人材が集まる街として急成長しています。その深センで、日本でも人気のものづくりイベント「Maker Faire (メイカーフェア)」が開催されると聞いて、会場をレポートしてきました。


構成/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。