みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >Leicaトリプルカメラ×AIでプロレベル…

Leicaトリプルカメラ×AIでプロレベルの写真が撮れる究極のスマホ『HUAWEI P20 Pro』がドコモから登場!【PR】(2018.05.28) PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ファーウェイ・ジャパン】

3月にパリで発表されて以来、モバイル業界だけでなくカメラ業界も騒がせている『HUAWEI P20 Pro』が、日本でもいよいよ6月下旬よりNTTドコモから発売される。Leicaが手がけるカメラを、光学3倍ズームを含め3つも搭載し、最先端のAIも内蔵。SIMフリー市場で人気を集める前モデル『HUAWEI P10/P10 Plus』と比べても、その性能は大きくジャンプアップしていると前評判もすこぶる高い。スマホで撮れる写真の常識を塗り替えたとさえ言われる、『HUAWEI P20 Pro』の実力は本物なのか。プロカメラマンの厳しい目でチェックした。

Leicaトリプルカメラを搭載する『HUAWEI P20 Pro』。カラーはMidnight Blue、Blackの2色。

前モデルからわずか1年、驚くべき進化を遂げたLEICAレンズ搭載スマホ

老舗カメラメーカーのLeicaと共同で、スマートフォンカメラの研究開発を行ってきたファーウェイ。その第一弾でダブルレンズの先駆けともなった『HUAWEI P9』からわずか2年で、同社のスマートフォンのカメラは劇的な進化を遂げた。『HUAWEI P20 Pro』は明るく撮れる20Mのモノクロセンサーを搭載したカメラと、40Mの高精細なカラーセンサー搭載のカメラ加え、8Mの光学3倍ズーム用カメラを搭載し、スマートフォンでは最大レベルの1/1.7インチの大型センサーを採用。昨年カメラ専門誌が選ぶ「TIPA AWARDS 2017」を受賞した前モデル『HUAWEI P10/P10 Plus』と比べても、「もはや別次元の劇的な進化を遂げている」と語るのは、プロカメラマンの森博之さんだ。『HUAWEI P9』から同スマートフォンシリーズのユーザーでもある森さんだが、「光学ズームレンズが搭載され、センサーサイズが大きくなったことで、本当にプロが仕事に使えるレベルのカメラになってしまった。特に暗いシーンでの表現力には本当に驚くばかり」だという。実際に『HUAWEI P20 Pro』は、スマートフォンカメラの評価を行っている第三者機関「DxOMark」でも、総合点で109ポイントで1位を獲得。同シリーズの『HUAWEI P20 』も2位につけた。3位の機種は99ポイントだというから『HUAWEI P20 Pro』は、実に10ポイント(発表時点)の差を付け、ぶっちぎりの高いスコアをマークしているわけだ。(※3月28日現在)

レンズは右から望遠、カラー、モノクロ。レンズ横には、Leicaのズームレンズであることを表す「VARIO」の文字も記載されている。

カメラを起動し、ワンタップで光学3倍ズームが可能。さらにタップすると、ハイブリッド5倍ズーム、さらにデジタル10倍ズームまで拡大できる。「10倍まで寄ると多少荒くなるが、ハイブリッド5倍はプロでも十分実用レベル」と森さん。「光学ズームだと画質を落とすことなく寄れるし、ワイドに比べて歪みも少ないので、ポートレート撮影におすすめ」とのこと。

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。