人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.30

後からしジワジワ来そうなシュールなインテリア雑貨5選

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

「シュール」とは、本来は「シュールレアリスム」の略語として「超現実主義」という意味を持つ語だが、私たちの生活においては「不条理な・奇抜な」といった意味で用いられることがほとんどだろう。今回紹介する雑貨たちはいずれも、そのシュールさが後からじわじわやって来る雑貨たち。感じ方は人それぞれなので必ずしもシュールと感じない人もいるかもしれないが、今回は少なくとも私がシュールに感じたモノたちを集めてみた。シュールな世界に浸って普段の生活を忘れてもらいたい。

■最後まで見送ってあげたくなるマシュマロ『NYASA』

雑貨ブランド「KOZACLA」による『NYASA』は猫をモチーフにしたマシュマロだ。猫といっても四つ足で歩いている猫ではなく、擬人化されているばかりか変わったことに宇宙服を着た姿をしている。どうやら宇宙空間を漂う猫(もしくはそれを夢見る猫)を表現したデザインらしく、宇宙に見立てたブラックコーヒーにプカプカ浮かべてやると、確かにその姿は宇宙空間を漂う猫である。この猫、まず表情が人間くさくてどこかシュールだし、1匹で宇宙を漂うという姿もシュール。そして何より、次第に溶けて最後はコーヒーの中に消えていく姿がなんともいえずシュール。儚いものを見ているような哲学的な気持ちにもなってくる。価格は税込み1,728円で「ビレッジバンガード」のオンラインストアから購入することができる。

■落ち着かない気分にさせる壁掛け時計『HANGING GENTLEMAN』

「なぜそんなことになった?」と思わず訊いてしまいたくなる壁掛け時計がこの『HANGING GENTLEMAN』。長針にしがみついた男性が1分ごとに動く針に伴って違う姿を見せる時計である。時計としての機能には全く問題ないのだが、いかんせん危うい状況に置かれた男性に気を取られて肝心の時間が頭に入ってこない、という困った時計である。ところで、83年生まれの私の場合、この時計を見て真っ先に思い出したのは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のラストのシーンであり、それだけでワクワクしてしまった。Amazonでは税込み5,179円で販売されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。