人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.20

50~60代男性の3人に1人が「子どもと一緒に食事をする機会は年に2〜3回未満」

★約9割の50~60代男性が「食生活に気を遣っている」
それでは、お父さんは、どんな食事を求めているのだろうか。父親側に、普段の食生活について聞いた。まず、普段の食生活に気を遣っているかどうかを尋ねたところ、「気を遣っている」という回答が約9割(計88.0%)を占めた。自分自身はもちろんのこと、「妻からの指示」(24.5%)という回答もあり、お父さん世代に食生活への意識がしっかりと根づいている様子が伺える。

しかしながら、豪快な肉料理や魚卵を使った料理など、“高カロリーなガッツリメニュー”がたまには食べたくなるのが男ゴコロなのではないだろうか。そんなお父さんたちのホンネを探るべく、「健康のために“ガッツリメニュー”を控えることがあるか」を調査。半数以上(計52.8%)のお父さんが「控えている」と回答した。さらに「たまには“ガッツリメニュー”を楽しみたいと思うか」について聞くと、約6割(計57.5%)が「そう思う」と回答。お父さんの胸の内に秘められたホンネと欲求が見え隠れする結果となった。

★約4割の父子が「お母さんに内緒で食べ物を食べたことがある」
それでは、父と子には食にまつわるどんな思い出があるのだろうか。父と子の双方に「妻や母親に内緒で、父子だけでこっそり食べた(外食、ファーストフード、おつまみ、お菓子、縁日の屋台など)経験があるか」について尋ねたところ、父子ともに約4割(父親側:計36.5%、子ども側:計41.3%)が「経験あり」と回答。また、子ども側に「幼少期、父親が食べる『おつまみ』を魅力に感じた経験があるか」について聞いたところ、約6割(計58.6%)が「魅力に感じた経験がある」と回答した。

【調査概要】
調査主体:楽天市場
調査期間:2018年4月13日(金)~16日(月)
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の20~40代の息子または娘と配偶者をもつ50代~60代男性200名、全国の50代~60代の父親と母親をもつ20~40代男女300名 計500名(世代ごとに均等割付)
調査機関:楽天リサーチ

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。