人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.22

絶好調RIZAPで奮闘する社員たちの素顔

印象的なCMで一躍有名企業となった「RIZAP」はたしてどんな人達が働いているのでしょうか? 今回は「RIZAP」で働く社員たちにスポットを当ててみました。普段は見えてこない社員の素顔を知る事ができますよ。

RIZAPのトレーナー養成施設「RIZAP ACADEMY」潜入レポ

rizapトレーナー

店舗拡張、事業拡大が続く中、それでもRIZAPは厳選採用を貫く。トレーナーの採用率は応募に対してなんと3.2%!そんなRIZAPが求める人材のキーワードが「ゲストに寄り添う力」だという。では、実際のトレーナーはどんな人物なのか?同社のトレーナーたちの素顔に迫った。

 

「痩せてさよならではなく、ゲストの人生に寄り添う」RIZAPトレーナーの仕事術

——塩川さんが入社した頃からライザップは有名でしたか?

 なりかけですね。まだ全国放送のテレビCMはありませんでした。でもローカル局ではCMをやっていたので、ライザップという会社は知っていました。

 

「どんなに忙しくても笑顔でその場を楽しむ」RIZAP社員の仕事術

新卒で入社して6年目の鎌田宏さん。もともとマーケティングの仕事に興味があり、将来は経営に関わりたいというビジョンをもって入社。社長から「ボディメイク事業ならぜんぶ経験できる」と言われ、入社後すぐ店舗運営のサポートに配属された。3か月後には2店舗目を、8月にはスーパーバイザー業務を任された。2年目には単月2億円の予算を任せられていたというから、会社の成長も速いが、社員の成長も普通ではない。

 

「社会には理不尽なことが多いが、筋肉は裏切らない」RIZAPトレーナーの仕事術

——ライザップのトレーナーを目指した動機ときっかけは?

 前職は鉄道整備士なんですが、個人の評価がわかりにくかったんです。数字とか出ないですし。だから「自分の評価を上げるにはどうしたらいいんだろう」と悩んでいました。そこで「だったら個人の結果が目に見える仕事をやろう」と考えたのが転職を目指したきっかけです。また、鉄道整備士ではなかなか味わえなかった「お客様と直接触れ合う」という仕事をしてみたいとも思っていました。

 トレーナー未経験でしたので、面接を受ける前はトレーニングについてほとんど知識はありませんでした。研修がしっかりあると聞いていたので、そこで一から学んでいきました。

 

「ニコニコとヘラヘラは違う」RIZAPトレーナーの仕事術

——専門学校のスポーツトレーナー科ご出身ということは、ライザップに入る前からトレーナーに興味があったのですね。

 サッカーをやっていたので、将来はコーチかトレーナー、いずれにしてもサッカーの現場に関わる仕事がしたいと思っていました。専門学校ではトレーナーの勉強もしつつ、自分でもトレーニングをしていまして、ずっと細身だった自分の体が大きく変化していくことを実感しました。

 

トップトレーナーに聞く、RIZAPメソッドが生まれた理由

——幕田さんの入社後のキャリアは?

 立ち上げから携わっています。最初に社長の瀬戸健と取締役の迎綱治に「こういう事業をやりたいんだ」というビジョンだけがあり、そこから一緒に作り上げてきたという感じです。

 入社から2年ぐらいは店舗でトレーナーをやっていて、店長もやりました。同時に新人トレーナーの教育もしてという感じでやっていたのですが、店舗もどんどん拡大していって、ありがたいことにゲストのニーズもあったので、私はスタッフの教育に特化するようになって3年が経ちました。今は研修のプログラムや研修体制の整備はかなり充実していて、そういった研修プログラムの体系化を中心になって進めてきました。

 

RIZAPのゲストだった私がRIZAPに転職した理由

昨年、ライザップのボディメイクに3か月通い、80キロあった体重を65キロまで落とした澤本さんが今、ライザップの社員として働いている。

「トレーニングを始める前は不安のかたまりでしたよ。ご飯、一粒も食べちゃいけないのかなとか、お酒、一滴も飲めないのかな、とか。そうした不安にトレーナーやカウンセラーの方が親身に応えてくれて、ひとつひとつ解消してくれました。だから安心して続けられましたね」

 

「無理」ではなく「やってみよう」から始まるRIZAPの仕事術

外側が美しい人は内側も美しい…。前職ヘアサロン業界の仕事をつづける中で、そう気づいた三浦さんは、内なる美を求めてライザップの前身企業、健康コーポレーションへ転職した。5年前の秋のこと。配属されたのがライザップ。サプリメントやフードなど商品まわりの企画開発に携わることになった。

 

RIZAPのトレーナーって、どんな人たち?

——ライザップのトレーナーを志した理由は?

 前職(中学校の非常勤講師)の任期が終わって、次の就職先を探さなくてはというときにトレーナーの仕事に興味を持ちました。調べていたらライザップという新しいところがあると知り、「まず受けてみよう」ということで面接に申し込みました。狭き門だということは受ける前からわかっていましたが、ここ自分のスキルを上げてみたいと思いました。

 

「とにかくがんばろう」の精神論ではない、RIZAP社員の仕事術

2013年、栗田さんは美容関係の仕事に携わりたいと思って健康コーポレーション(ライザップの前身)に入社した。新人研修後、ライザップのサプリ開発を任されて驚いた。サプリに関しては素人といっていい自分に企画から任せられたからだ。

 

他のジムと何が違う?RIZAP流「トレーナーの育て方」

——ライザップ入社後、どういったステップで現在の役職に就いたのですか?

 現場のトレーナーからいきなり教育担当に異動になりました。当時の社内にはトレーナーの昇格システムがまだ整備されていなかったんです。当時は都内だけでトレーナー研修をやっていて、店舗が増えてきたので関西でも研修をしようとなりました。そういう時、教育担当も増員しようということで、統括トレーナーの幕田さんから私に声がかかりました。

■最後に社長の素顔も!

「結果思考をする人こそが本物のプロ」RIZAP瀬戸社長の仕事論

瀬戸 健さん

2012年に1号店をオープンして以来、わずか4年の間に急成長を遂げたRIZAP。このビジネスが生まれたきっかけから今後に見据える未来まで、RIZAPグループを率いる若きリーダー瀬戸社長に聞いた。

 

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。