人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.23

入社5年目社員の本音「裏方として会社を支えるような仕事をしたい」日本HP穴沢佳織さん

あなたの知らない若手社員のホンネ~日本HP/穴沢佳織さん(28才、入社5年目)~

20代の仕事へのモチベーションの理解は管理職にとって、職場での良好な人間関係を築くための一丁目一番地――とは言ったもののいささか控えめな性格の穴沢さんは、外資系のこの会社ではすでに中間管理職の立場だ。今回は若い人にも興味があるであろう、中間管理職のモチベーションにも触れていく。

第22回目は株式会社日本HP セールスオペレーション本部 ダイレクトオペレーション部 穴沢佳織さん(28才)入社5年目。

■営業には向いてなかった

父親も外資系の会社に勤めていて、私も子供の頃海外生活を経験しましたので、新卒の時から外資系企業を志望しました。この会社は職種別の採用だったので、営業を志望した私は、サーバー事業本部でサーバー営業に従事しました。社会人として他企業とも関わり合いがある営業の経験は、必要かなと思ったんですが、振り返ると私は営業には不向きでしたね。

入社2年目のことでした。担当の大手通信事業者が新しいシステムを、うちの会社のサーバーを使ってやりたいと。その受注に対して、私は納期やサーバーの台数まで関わりました。「こんなスペックはどうでしょう。うちなら応じられますよ」と、営業したのですが、「わかりました。導入しましょう。1、2週間後にはほしいですね」「どのくらいサーバーが必要になりますか」「いや、数はわからない。必要に応じて随時、納めてください」と。

それまでにも、同じような仕事をこなしてきたから今回も大丈夫だろうと思い、私は納期や台数にコミットして、サプライチェーンの工場側と調整し、設置のサービスをする人との調整役も担いました。ところがカスタマイズ製品なので、1、2週間では供給が難しい。しかもギリギリにならないと先方の納期がわからない。受け入れ先の環境も整える必要がある。ケーブル等を設定し、きちんと作動させるには人の確保も必要だ。

どうしよう……逐次、上司とお客さんに報告をしていれば、別のやり方もあったのですが、私は自分の中に溜め込み、一人黙々とやるところがありまして。

「実は…納期が守れないかもしれません」

上司に報告した時には、納期が差し迫っていました。「そういう失敗は誰にでもある。責任を取るのが上司の仕事だから、そのためにももっと早く報告をしてほしい」上司には、そう諭されました。結局、連絡不足だったことを上司がお客さんに謝ってくれまして、納期にも何とか間に合わせることができました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。