みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >ASUSの新型スマホ『ZenFone 5』シリ…

ASUSの新型スマホ『ZenFone 5』シリーズが搭載した「AI機能」とは?(2018.05.17)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ASUS JAPANは「誰でも気軽に堪能できる、ワンランク上の贅沢」をコンセプトに開発されたZenFoneの最新世代、「ZenFone 5」シリーズを発表した。初代の『ZenFone 5 (A500KL)』から4年、ZenFoneシリーズは4世代を経て、再び「5」に戻り、新しい『ZenFone 5』は新たな境地に一歩たどり着き、美しく、そしてインテリジェントに進化した。
ラインアップはカメラに知能(AI)を持つ『ZenFone 5 (ZE620KL)』、『ZenFone 5Z (ZS620KL)』、4つのカメラを搭載した『ZenFone 5Q (ZC600KL)』の3モデル。すでに予約が開始されており、5月18日より順次、ASUSオフィシャルストア・オンラインショップのほかMVNO各社ならびに全国の家電量販店にて発売される。
価格はオープン価格。メーカー希望小売価格は、『ZenFone 5 (ZE620KL)』が5万2800円、『ZenFone 5Z (ZS620KL)』が6万9800円、『ZenFone 5Q (ZC600KL)』は3万9800円。

パフォーマンスとインテリジェンスを融合した最高性能を実現した『ZenFone 5 (ZE620KL)』と『ZenFone 5Z (ZS620KL)』は「AI POWER」、「AI充電」、「AI Display」、「AI着信音」といったAI機能を搭載し、ユーザーに寄り添い、好みや習慣を学習。カメラを構えるだけで瞬時にAIが被写体を検知・分析し、16のシーンタイプから最適な撮影モードを選択してくれる。前面と背面に2つずつのカメラ、計4つのクアッドカメラを搭載した革新的な『ZenFone 5Q (ZC600KL)』は、美と実用性を追求した超薄型メタルユニボディに、画面占有率80.3%の18:9の6型フルビュー液晶を搭載。本体カラーはエレガントなルージュレッド、ムーンライトホワイト、ミッドナイトブラックの3色から選べる。

■ZenFone 5 (ZE620KL)、ZenFone 5Z (ZS620KL)

パフォーマンスとインテリジェンスを融合しZenFoneの象徴でもある同心円デザインを纏った同じボディの両製品、『ZenFone 5 (ZE620KL)』にはQualcomm Snapdragon 636を、『ZenFone 5Z (ZS620KL)』にはスマートフォン史上最高峰のパフォーマンスを誇るQualcomm Snapdragon 845を搭載。さらに、『ZenFone 5 (ZE620KL)』には最大約15%の性能をアップさせる「AIブースト」機能や余裕のある6GBメモリ搭載で、パフォーマンスとインテリジェンスを融合した高性能を発揮する。

ZenFone 5 (ZE620KL)、ZenFone 5Z (ZS620KL)

そしてスリープまでの時間設定に関わらず、画面を見ている間はスリープしない状態をキープしてくれる「スマートスクリーン」機能、周囲の騒音レベルに応じて着信ボリュームを自動調整してくれる「AI着信音」機能、バッテリーの劣化を防ぎ寿命を最大限引き延ばしてくれる「AI充電」など、AIテクノロジー により多くの使い勝手を向上させている。

カメラ機能では、大口径F値1.8の背面メインカメラは、1.4nmの画素ピッチを持つ1/2.55インチのSony IMX363センサーを搭載。一般的なスマホカメラの約5倍の光を取り込み、夜間でも明るく鮮明な写真が撮影が可能だ。
またビックデータの解析をもとにしたAIアルゴリズムによって、対象を判別し最適な画像に仕上げてくれるスマートなカメラ機能「AIシーン分析」により、プリセットされた16のシーンを自動判別。オートモードでの撮影時被写体に最適な撮影を行なう。

120度の広角セカンドカメラとのデュアルレンズ構成を生かし背景のボケみをリアルタイムに調整できる「ポートレートモード」、人の顔を認識し、オートモードでの撮影時にも顔の輪郭や肌の色など、あらゆる顔の特徴を読み取りながら、美しく自然な仕上がりに調整する「リアルタイムビューティーモード」など、手軽にクオリティの高い写真が楽しめるほか、細かく設定を調整できる「Proモード」やRAW形式のサポート、4Kでの動画撮影にも対応し、思いどおりの作品に仕上げることが可能だ。またAIによるメカニカルラーニングを搭載し、ユーザーの好みの色味やコントラスト、エフェクトを学習し、オーナー専用のカメラに成長していく。

サウンド機能では独自のオーディオシステム「Sonic Master 5.0」を搭載。は先進の5マグネットスピーカー、メタルボイスコイル、NXP Smart AMPを搭載した拡張性の高いサウンドチャンバーにより、パワフルな音量に豊かな音域を、好みの設定で楽しむことができる。ハイレゾ音源に対応した付属のZenEar Proを使用すれば、いつでもどこでも最高の音楽に没入できる。

共通スペックとして、本体サイズは約高さ153×幅75.6×奥行き約7.7mm、約165g。OSはAndroid8.0。ディスプレイは6.2型ワイド Super IPS+液晶 (LEDバックライト)Corning  Gorilla  Glass 3。2246×1080ドット (フルHD+)。センサーはGPS(GLONASS、BeiDou、Galileoサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサー、NFC。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。