人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

若者には「叱る」より「笑わす」が効く!?『バブリーダンス』の登美丘高校ダンス部コーチが明かすイマドキ高校生の育て方

2018.05.18

大阪府立登美丘高校ダンス部は、女子高校生がボディコン姿で荻野目洋子さんの『ダンシング・ヒーロー』に合わせて踊る「バブリーダンス」で一躍有名になった。YouTubeの再生回数は現在5500 万回!

なぜ、高校のダンス部がこれほど観る者を魅了できるのか。厳しい練習を乗り越えるモチベーションをコーチはどう引き出しているのか。

ダンス部コーチであり、『バブリーダンス』の仕掛け人でもあるアカネキカクのakaneさんに、若者をやる気にさせる秘訣を聞いた。

2017年9月にYouTubeに投稿された大阪府立登美丘高等学校ダンス部の動画「バブリーダンス」は、本稿執筆時点(2018年5月)で再生回数は約5500万回。YouTube日本版公式ブログによると、<2017年にアップロードされた音楽動画を除くすべての動画の中で、国内で最も注目を集めたのは、アカネキカクのバブリーダンスPV 登美丘高校ダンス部でした>というのだから、音楽以外の分野で、どんな有名クリエーターやスーパースターが出演した動画より、とある公立高校の部活の動画のほうが多くの人に閲覧され、共感されたという見方もできる。また同校ダンス部キャプテンは伊原六花として芸能活動を始め、7月スタートのテレビドラマ「チア☆ダン」(TBS系)に出演する。部員までもがメディアや世間から注目される部となった。

「『バブリーダンス』がヒットしてから生活が変わりましたね。やっとダンスの仕事をしっかりさせてもらえる機会が増えました。最近はCMも作らせていただいています」

こう話すのは、大阪府立登美丘高等学校ダンス部のコーチで『バブリーダンス』の仕掛け人でもあるakaneさん。すっかり有名になったおかげで、街や電車で、「アカネキカク(akaneさんのYouTubeアカウント)が乗っている」と言われることもあるのだとか。

◇そもそもakaneさんとは?
◇意外と知られていない「バブリーダンス」前史

akaneさんをよく知らない方のために、少し経歴を確認しておこう。

彼女は、1992年生まれの25歳。大阪府岸和田市出身で、自身も登美丘高校の卒業生である。高校時代はダンス部に所属し、卒業後は日本女子体育大学の運動科学科で舞踏学を本格的に学んだ。大学へ入学した年に、OGとして登美丘高校ダンス部のコーチに就任し、東京と大阪を行き来していた。

そして、その年に行なわれた第5回日本高校ダンス部選手権で、母校を初の全国大会へと導いた。その後、翌年の第6回大会で4位、第7回大会で3位の成績を収め、2015年の第8回大会、2016年の第9回大会で連続優勝を果たす(過去大会の詳細は、こちらを参照)。

2017年の第10回大会では惜しくも準優勝となったが、その様子がテレビ番組に取り上げられたこともあり、同年9月にYouTubeに投稿した『バブリーダンス』の動画が爆発的に閲覧された。年末には『第59回 輝く!日本レコード大賞』の特別賞、『第68回 NHK紅白歌合戦』で郷ひろみさんと共演を果たすなど、一大ムーブメントを巻き起こした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。