人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.16

コスパ抜群!AMDプロセッサーを搭載したレノボの超小型デスクトップPC『ThinkCentre M625q Tiny』

レノボ・ジャパンから超小型デスクトップPC『ThinkCentre M625q Tiny』『ThinkCentre M625q Tiny Thin Client』が発売された。価格は『ThinkCentre M625q Tiny』が6万6000円、『ThinkCentre M625q Tiny Thin Client』は4万6000円。

 

『ThinkCentre M625q Tiny』は、手のひらサイズのコンパクトPC、「ThinkCentre Tiny」シリーズのエントリーモデルになる。AMD A9-9420e APUを搭載し、前世代モデルと比較して約30%のパフォーマンスアップを実現。またシンクライアントモデルのThinkCentre M625q Tiny Thin Clientも同時発売された。
同社は今回のローンチに関して「弊社は超小型デスクトップPCのパイオニアとして、外付けグラフィックボードを搭載したハイエンドモデルから、今回発表したエントリーモデルまで豊富にラインアップ。オフィスでの利用はもちろん、デジタルサイネージや会議室専用PCなど、さまざまなビジネスニーズに対応します」と説明している。

メンテナンス性が大幅に向上した新筐体を採用。高いコストパフォーマンスを実現した一台

『ThinkCentre M625q Tiny』は、わずか1Lサイズのコンパクトボディーに充実の機能を凝縮した、省スペース型デスクトップPCのエントリーモデルだ。プロセッサーにAMD A9-9420e APUを搭載し、前世代モデルと同価格帯で、パフォーマンスの向上を実現。これまでハイエンドモデルで採用されていたメンテナンスカバーを導入し、メモリーやストレージの交換・増設がツールレスで容易に行なえる。また2つのオプショナルポートを搭載。HDMI、DisplayPort、VGA、USB Type-C、シリアルポートから選択できる(選択できるのは1ポート、もうひとつのポートは「シリアルポート」のみ)。

そして小型であるがゆえに、デジタルサイネージやFA用途など、オフィスより厳しい環境で利用されるケースもあるため、10項目の米国調達基準(MIL-STD-810G)に対応。高い信頼性、堅牢性を確保している。さらにTinyを差し込むだけでオールインワンPCのように使えるThinkCentre Tiny-in-One、Tinyを机の下に設置できるThinkCentre Tiny アンダー・デスク・マウント・ブラケットなど、豊富なアクセサリー類を用意。オプション製品は、Tinyシリーズすべてのモデルで利用できるエコシステムを採用している。その他、シンクライアント用途として、AMD E2-9000e APU搭載で、Windows 10 IoT Enterpriseに対応した『ThinkCentre M625q Tiny Thin Client』もラインアップしている。


『ThinkCentre M625q Tiny』の主な仕様

OS/Windows 10 Pro 64bit / Windows 7 Professional 64bit SP1
プロセッサー/AMD A9-9420e APU
メモリー/4GB、8GB(最大8GB)
ストレージ/256GB(SSD)、500GB(HDD)
インターフェース/USB 3.0×3、USB 2.0×3、DisplayPort×2、RJ-45、VGA、ヘッドホン・マイクジャック、オプショナルポート(カスタマイズで選択できる)
本体寸法/約 34.5×182×179mm、約1.1kg

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ