みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >いよいよ始動したKDDIの高橋社長新体…

いよいよ始動したKDDIの高橋社長新体制、カギを握るのは「じぶん銀行」と「au WALLET」(2018.05.21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はKDDIの『au WALLET』を始めとする各通信キャリアのポイントと決済について議論します。

■今夏はポイントサービスに注目!

房野氏 KDDIが『au WALLET』ポイントをじぶん銀行に払出できるようにしたり、個人間送金できるようにしたり、dポイントがマツモトキヨシに導入されたりと、今夏はポイントがキーになってきそうな気配がありますね。

房野氏

石川氏 ドコモは今まで、長期契約で割引が多くなっていたけど、5月以降はこの「ずっとドコモ割」をdポイントにすることもできるようになって、dポイントであれば実質20%多く割引になる。総務省が目を光らせていることもあって、なかなかお金で還元できない中、ポイントでたくさん還元しましょうという感じになるのかな。「+メッセージ」のRCSもそうだけど、ポイントと決済はキャリアによって次の稼ぎ頭になるでしょうし。KDDIも、『au WALLET』の話は髙橋社長就任会見の時にありましたけど、髙橋新体制を飾るいい話だったと思います。

KDDI代表取締役社長 高橋 誠氏

石川氏

石野氏 でも、テザリングオプションのことは言ってほしかったな。発表会場の前の列から、石川さんに「テザリングのことを質問して」って圧をかけたのに、全然気づいてくれなかった(笑)

石野氏

石川氏 ああいう時に聞いても想定問答でしかないから。

法林氏 ウォレット絡みは各社がんばっていて、最初に仕掛けたのはau。ドコモはドコモポイントをdポイントにしたり、プリペイドカードを作ったりして、うまく巻き返してきた。それに対してauはここのところ大人しかったけど、資本関係があるじぶん銀行があったので、それと連動することで、手数料はかかるんだけど、ポイントを現金化できるようにしたのは評価できる。

法林氏

石野氏 『au WALLET』の「リアルタイムチャージ」(オートチャージ)を使うと、デビットカード的に使えていいですよね。

法林氏 そうね。ただ気をつけなきゃいけないのは、現金化は手数料を取られるので、若干、目減りする部分があるということ。

石野氏 オートチャージも手数料を取られるんでしたっけ。

法林氏 それはないけど、現金化する時には手数料200円。

石野氏 『au WALLET』 プリペイドカードの残高をゼロにしておいて、常にオートチャージで使っていれば、完全にデビットカードですよね。これ、抜け道だなと思って。

石川氏 『au WALLET』 プリペイドカードは便利で、海外だったらコンタクトレス、Apple Payでも使える。しかも今回、こういう形になった。「じぶん銀行」と一緒に使うのは便利だけど、逆に、「じぶん銀行」の口座を持っていない人にはどうでもいいみたいな感じで、そこが痛し痒し。

石野氏 そうですね。髙橋社長にお土産を渡される前に、「au STAR じぶん銀行特典」の終了を発表している。どんどんau色を切り離そうとしている感じがする。

石川氏 どっちなんだろう。タイミングによってブレるんだよね。auユーザーのための「じぶん銀行」ですって言ったと思ったら急に変わったり。

石野氏 かつては、auユーザーだったら振込手数料がほぼ無制限で無料だったのが、いつの間にかポイントになって、ポイントとステージ制で振込手数料の無料回数が限られるようになって、そこで大騒ぎになったんですよ。さらに、今回、WALLETポイントが毎月付く特典をなくした。もともと、付いてくるポイントがしょぼかったので、どっちでもいいかなという感じですが。

房野氏 完全にau色がなくなった印象でした。

石野氏 完全になくしたと思ったら、髙橋社長の会見で『au WALLET』 プリペイドカードと連動して便利に使えるようになって、au色をなくしたいのかつけたいのか、どっちなんだと。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。