人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.23

“友人候補"か"恋人候補”か?視線の向かう先でわかる相手の好意

 女性が指で髪をサッとかき上げながらこちらを振り向いたとき、ひょっとすると好意を持たれているのではないかと気になってしまうかもしれない。しかし残念ながら(!?)、最新の研究ではそれは単なる希望的観測に過ぎないことが指摘されている。

■ユニバーサルな“好意”あらわすサインとは

 初対面の人や異なる文化的背景を持つ人との交流などでは、自分が相手にどう見られているのか理解しにくいケースもあるだろう。そこで米・デイトン大学の研究チームが先日、心理学系学術ジャーナル「Psychological Bulletin」で発表した研究では文化的背景を越えたユニバーサルな“好意”あらわすビジュアル面での“サイン”を探っている。

 研究チームはこの数十年の人間の魅力についての学術研究を検証して人的交流において好意をあらわす行動を特定した。それによれば相手の、アイコンタクト、笑顔、先に会話を切り出すこと、笑い、接近した状態を保つことは文化的背景に関わらず相手が好意を感じているサインであるといういうことだ。

 また西欧文化では相手の動作を真似したり、ウンウンと頷くこともまた好意のあらわれと見なすことができるという。

Daily Mail」より

 興味深いのは好意を持っていると誤解されやすい行動もまた同じく特定してる点だ。例えば女性が髪をかき上げる動作は相手に対して特別に好意を持っているわけではないことを指摘している。そのほかにも、眉を動かすこと、身振り手振りを多用すること、服装を直すこと、無防備な体勢でいること、上体を傾けていることなどは相手への好意をあらわすものではないということだ。

 こうした好意をあらわすサインは信頼と相互扶助関係を育むことに関係しており、友好の第一歩となる。

「誰かを好ましいと感じた時、その人物からの信頼を得ようと行動します。そうして我々は親密さ、相互依存性、合意形成への関わりの程度を高めます」と研究を主導したマチュー・モントーヤ博士は語る。

 今回の研究はあくまでも“好意”のサインであって、このサインが恋愛やロマンスに繋がるものであるのかはまた別の問題であるということだ。

「好意のサインは、例えばドクターと患者との関係、親と子の関係、ビジネスマンと顧客の関係などに適用されます」(マチュー・モントーヤ博士)

 くれぐれも髪をかき上げる女性を見て“誤解”しないようにしたいものである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。