人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.20

多摩動物公園園長が語る飼育員の生き方「動物たちの誕生と死と向き合う」

【動物園を100倍楽しむ方法】第二回 多摩動物公園園長が語る飼育員の生き方 後編

前編はこちら

 今年開園60周年を迎えた多摩動物公園の園長の永井清さん(61才)。動物園一筋の人生である。大きな体を園長室のソファーに沈め、時より頭に手を置き、これまでに園長が触れ合った動物たちのこと。飼育員気質について。生き物の誕生と死についてのこと。来園者の目をひく目玉動物について。そして今年開園60周年を迎えた多摩動物公園の楽しみ方等々、話を聞いた。

「職員は試験制度があって、ステップアップしていくのですが、飼育員の中には異動したくない、ずっと現場にいたいと、あえて昇進のための試験を受けない人もいます」と語る永井園長の口調には、そんな飼育員への羨望がこめられているようにも、私には感じられた。

繁殖に興味があった永井さんは東京都の畜産職の職員として採用され、上野動物園の鳥の飼育員を皮切りに、東京特産のブタの普及促進。上野動物園の西園を統括する係長時代は小笠原諸島の固有種で、絶滅寸前のアカガシラカラスバトの繁殖の現場責任者として繁殖に尽力。

井の頭自然文化園(以下・井の頭動物園)の園長になったのは40代後半。主に日本産の動物を展示する井の頭動物園だが長年、人気者だったのが、アジアゾウの「はな子」だった。

■はな子、そしてモーリーさん

はな子は昭和30年代に二度の大きな事故を起こし、「殺人ゾウ」と呼ばれ、鎖に繋がれた時期もありましたが、決して凶暴なゾウではありません。気難しいゾウなんです。飼育員の山川清蔵さんが約30年間、直接的な飼育をしたことは有名ですが、気にくわない人間に関してはダメでした。

晩年も飼育員が鼻で転倒させられたり、獣医が投げ飛ばされる事故が起きて。直接飼育から飼育員が柵越しに世話をする、準間接飼育に改められたのですが。それを目にしたカナダ人が「コンクリートの中で、一頭だけ立ち尽くしている」とブログ上で発信したことをきっかけに、イギリスの動物愛護団体が署名活動を始めました。はな子を適切なゾウの保護区域へ移すか、適切な施設で仲間のゾウと一緒に暮らせる環境においてあげたい。「世界一悲しいゾウ」「コンクリートの檻の中に押し込められたおばあちゃん」などと、海外のメディアで取り上げられ、動物園に非難の目が向けられてしまいました。

しかし、はな子は小さい時から、人間としか関わってこなかったわけですし、最晩年に環境を変えるのは、負担になるのではないかと。

今は井の頭動物園で、ゾウを飼うことは考えられない。ゾウは家族単位で生活をする動物ですから複数で飼うのが原則です。井の頭動物園のゾウ舎は狭くてそれができない。それぞれの動物の生態に適した形での飼育は、今や動物園の常識となっています。

井の頭動物園の園長を4年。その後、多摩動物公園の副園長を3年、上野動物園の副園長を2年やり、再び井の頭動物園の園長に戻ってきた時は、はな子は痩せ衰えていました。衰弱していて寝てしまうと、起き上がる力がない状態で。たまたま会合に出席していた時に、はな子が倒れたという連絡を受けて。動物園に戻ると、飼育員は寝た状態のはな子の内臓が圧迫されないように、チェーンブロックを使い寝返りをさせようとしていて。午後3時頃、苦しむことなく静かに息を引き取りました。69才でした。

東日本大震災の年の4月に、老衰で死んだオラウータンのモーリーさんの時も、知り合いを亡くしたような気がしました。日本の動物園で最初に出産したオラウータンで、モーリーという名前なんですが、みんなモーリーさんと“さん”付けで呼んでいました。私が上野動物園の西園の係長だった時にモーリーさんがいて。余生を過ごすために、2005年に多摩動物園に移ってきたんです。モーリーさんはクレヨンを渡すと画用紙に絵を描いたんですよ。「モーリー画伯」と親しまれていました。59才は飼育下のオラウータンでは、世界最高齢でした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。