人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

静かなブーム!久しぶりに楽器を弾くならお手頃で楽しい電子キーボードがおすすめ

2018.05.19

■音色もリズムも豊富。初心者が十分楽しめる

 さて、実際に演奏してみよう。キータッチは軽めだが、しっかりした作りのキーボードを採用しているため、演奏中の操作ミスは少ない。基本となるであろう、ピアノの音で弾いてみたところ、のびやかでナチュラルな音が印象的だった。ギターやバイオリンなどの弦楽器の音もしっかり再現されていた。驚いたのはサックスの響き。音の揺らぎがコントロールされていて電子音とは思えない、軽やかさ。「新開発した『AiX音源』のために、ピアノやサックスなどの音のサンプリングを改めてやり直しました」(石井さん)とのこと。その甲斐あってか、アコースティック楽器の音の再現性は見事だ。

 続いて色々な音をミックスしてみた。電子キーボードが得意とする分野だけに抜かりは無く、16+1も使えるマルチトラックのMIDIレコーダーを搭載している。エフェクトは100種類と豊富だし、音作りは実に楽しい。また、リズムも最大8パートの伴奏パターンをオリジナルで作れる。これならば演奏技術の低い初心者でも、音作りやリズム作りで電子キーボードの魅力を満喫できそうだ。

 電子キーボードを使ってみて改めて思ったのは、楽器演奏の楽しさは上手に弾ける人だけのものじゃない、ということ。豊富な音色がまず楽しいし、ノリの良いリズムは気分を上げてくれる。また、自動演奏などのアシスト機能が充実しているので、自分の演奏技術を遙かに超えた音楽表現だって可能だからだ。

 普及版として約3万3000円前後(市場想定価格・税別)の『CT-X3000』も用意されている。久しぶりに楽器を演奏するなら、まずは気軽でお得な電子キーボードを試してみてはいかがだろうか?

取材・文/中馬幹弘

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。