みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >ヒット商品の陰に異端児あり!ソニー…

ヒット商品の陰に異端児あり!ソニー『Wena Wrist』對馬哲平さん(2018.05.29)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モノが売れない時代といえど、ヒット商品はしっかり誕生している。そこに情熱みなぎる〝イタンジスタ〟がいるからだ。

◆入社1年目から新規プロジェクトに立候補。「当たり前」を覆す

對馬哲平さん

ソニー Startup Acceleration部 wena事業室
對馬哲平さん
1989年生まれ。2014年大阪大大学院工学研究科卒業。ソニーモバイルコミュニケーションズへ。15年に新規事業創出プログラム「SAP」でwena wristを事業化。

《 1億円を集めたスマートウォッチ 》

ソニー『Wena Wrist』

ソニー『Wena Wrist』

バンド部にスマートウオッチ機能を詰め込み、スマホへの電話着信、メールの本文などを振動とともに表示。Felicaでの買い物にも対応。ヘッドとバンドは別売で、好きなブランドの時計を組み合わせることも可。『wena wrist pro』オープン価格(実勢価格約3万5000円)。

 どこを切っても〝異端〟である。『wena wrist』開発者の對馬(つしま)さんのことだ。まず発想が異端。スマートウオッチなのに時計部分にその機能ゼロ。バンドにすべてのメカを搭載させた。しかもコレは入社直後、新規事業創出プログラムでプレゼンし、採用されたもの。新入社員作、なのだ。

「ただ僕は昔からずっと欲しかったモノだから」(對馬さん)

 小学生時代からガジェット好きでPDAなどを改造する日々。中でもスマートウオッチにハマった。でも、「つけるだけで気持ちが高ぶるのは機械式時計だった」と言う。

「だから大学時代はスマートウオッチと普通の時計を両手につける2つがけ生活。ただ周囲からは『おかしい』と(笑)。ならこの機能×情緒の両方を満たせる時計はつくれないかと考えてソニーへ」

 個の強烈な思いこそ、ほかの誰かの心を強く共振させるものだ。

『wena wrist』は2016年、クラウドファンディングで2000人以上の支援者から1億円超を調達した。

「まだまだ。あと2、3回は世界を驚かす機があるはず。狙います」

大学時代から「欲しい」と描いていた設計図

大学時代から「欲しい」と描いていた設計図。「最初はバンドのひとつひとつに違う機能を入れたかったんです」

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。