人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ヒット商品の陰に異端児あり!アマノフーズ『チキンカツカレー』島村雅人さん

2018.05.28

モノが売れない時代といえど、ヒット商品はしっかり誕生している。そこに情熱みなぎる〝イタンジスタ〟がいるからだ。

◆会議、報告書は無視。それでも一目置かれるヒットメーカー

島村雅人さん

アサヒグループ食品 食品事業本部 アマノブランド企画室
島村雅人さん
1958年生まれ。天野実業入社後、フリーズドライの味噌汁を開発して以来この道一筋36年。現場主義を貫き、パスタ、シチュー、カレー、一人鍋シリーズなどあっと驚く商品を世に送り出してきた。

《 完売御礼!毎度売り切れる匠の自信作 》

 

アサヒグループ食品『チキンカツカレー』

お湯を注いで60秒。ルーでカツの衣がはがれないのがポイントだ。「フリーズドライの匠」としてパッケージに似顔絵が載る島村さんが、1年以上の試行錯誤の末に作り上げた。2食入り1200円。数量限定。
※現在は販売しておりません。

『チキンカツカレー』のほか、過去に 『チキンカツの玉子とじ』『とんかつの玉子とじ』など、フリーズドライとは思えない商品を数々手掛けている島村雅人さん。いずれも瞬く間に完売し、業界では「フリーズドライの匠」と呼ばれている。

「とにかくできないって言いたくないんです。どんな料理でも、量産する工場に通い詰めて、おいしくフリーズドライにする方法を何とか探し出します。その時間を優先するから必然的に会議には出られない。報告書も後回し。実績はNo.1でも社内評価は最低だって言われてます(笑)」

 新しいチャレンジに失敗はつきもの。台無しにした製造用の窯は数知れず、天候による食材調達のトラブルで何千万円もの損失を出し、役員の前で土下座したことも……。

「落ち込んだ時に『これで死ぬわけじゃないならいいじゃないか』と言ってくれた上司がいて、そうか、と(笑)。食べた人があっと驚く顔が見たいというのが、僕の原動力。そんな驚く顔を見ることができるなら、上司にいくら怒られても何ともないですね(笑)」

カツを超えるインパクトのあるメニューを探すのが難しいと島村さん

カツを超えるインパクトのあるメニューを探すのが難しいと島村さん。次はどんなヒット商品が飛び出すのか!?

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。