人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サウナの概念を覆す!?サウナーなら一度は行くべきヘルシンキの公衆サウナ『Hermanni』

2018.05.20

『熱への欲求、その行き着く果てとは…』

 あのタライを見るたびに、日本人がタオルをすすいだるすりような使い方にしては大きすぎるし、いったいどうやって使うのか、いっつも不思議だったんだけど今回、一番意味のある使い方がやっとわかった。あ、これは衝撃の事実じゃなくて豆知識ね。

 もちろんタオルをすすいだり、ヴィヒタを濡らすために使ったりする人もいるんだけと、常連というよりもう“主”といっていい白髪の初老の紳士……紳士といってもフルチンなんだけどさ、その人は、タライに冷水を溜めたかと思うと、一気に頭からバッシャ〜っとかぶったのだ!

 そうか!! シャワーで水を浴びるのもいいけれど、こうやって一気に水をかぶるためにもタライは使うのか! たしかにバケツから一気に水をかぶるような仕組みになってるシャワーが日本にもあるもんね。そうか、その原形がこれなのか! 

 オレもやってみた。たしかにこれなら、シャワーよりも強烈に体を冷やすことができる、水風呂がないフィンランドの公衆サウナならではの快感!! 日本でも水風呂がない銭湯とかヌルい水風呂のサウナとでやってみたいけど、日本サイズの洗面器じゃ、あの快感は味わえないかな〜。

 タライ水がけで、メッキリ気持ちよくなり、休憩室も兼ねている更衣室に戻ると、その白髪の紳士である“主”がチェスボードの前に座っていて、オレに英語で話しかけてきた。

「チェスしない?」

 よりによって、オレみたいな東洋人にチェスの対戦求める? いや〜、でもうれしかったよ〜なんかサウナ仲間と認めてもらえたみたいで。でもさ、すいません、オレ、よく知らないんだよチェスのルール。

「OH、アイムソ〜リー。アイキャノップライチェス!」

 このくらいはしゃべれるんだよね、オレも英語。でもさ、ただ出来ないっていうだけなのが失礼でね、せっかく誘っていただいたのに。半分負け惜しみでコミニケーションしてみたよ。

「アイキャンプレイショーギ! ショーギイズジャバニーズチェス。ドゥユノォ?」

 そしたらこう言われました。

「アイドンノッ!!」

 会話は以上! 大変失礼いたしました主!

 しばし休憩して再びサウナ室に行くと、その主がストーブ前に陣取っていた。そして、その陣取り方こそが、今回の二発目の衝撃であった!!

 なんと主、ベンチの上段である2段目に、シャワー室に置いてあった、日本の銭湯でも見かけるようなプラスチックの風呂用イスを置いて、セルフ三段ベンチにして座っていたのだ!

 もうただでさえ天井に頭がつきそうなサウナ室ですよ。そこに一段プラスしてんだら、背筋伸ばしたら完全に頭は天井にぶつかってる状態なワケ! それを体を前に丸めて猫背にして、天井ギリギリに収まってる主!! そこまでして温度の高い天井付近の熱を吸収したいのか!? 

 恐るべし、その熱への執着!!

 いや〜このセルフベンチはビックラこいた! ほら、天井が高くていまひとつ熱がこないサウナって一杯あるじゃん? もう一段ベンチが高ければってサウナ。そういうサウナで、もし許されるならばぜひやってみたい! イヤ〜ココのサウナは目からウロコが落ちることばっかりだなぁ。

 横ぶっかけロウリュ、そしてセルフベンチ。豆知識としてのタライ水かけ。この二つアンドαの衝撃を目の当たりにして、オレの『Sauna Hermanni』体験は大満足で終わった!

 この日のサウナ上がりに呑んだフィンランドの国民的ライトアルコール『ロングドリンク』は、ただひたすらうますぎた!

 次回はなんと!! フィンランドからバルト海を渡り、今もっとも注目のサウナの国『エストニア』の首都『タリン』のバプリックサウナに入蒸!!! 今回の横ぶっかけロウリュを超える、更なる驚愕のロウリュに出くわすんで、もう体熱くしたまんま待て!!

Helsinki Marketing/日本語ページ
Helsinki Marketing/Sauna Hermanni情報

文/カーツさとう

コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

■連載/カーツさとうの最強サウナ熱伝

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。