人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.14

独自の圧力と真空の合わせ炊きでかまど炊きごはんを追求した東芝の真空圧力IHジャー炊飯器『RC-10ZWM』

東芝ホームテクノは、真空圧力IHジャー炊飯器の新機種として、伝統ある羽釜の形とかまど炊きの技法を取り入れたフラッグシップ機種、〝本羽釜シリーズ〟『RC-10ZWM』を6月上旬より発売を開始する。価格はオープン価格。予想実勢価格は約13万円。
今回、食感の炊き分けができる炊飯コースや玄米と白米の混合米をバランスよく炊き上げる同社独自の玄米「白米混合」コースの炊飯時間を短縮。玄米と白米の混合比率を選べるようになった。

また、フラッグシップ機種のみに採用していた、ごはんの還元糖量(甘み)が約30%アップする「甘み炊き」コースを、下位モデルにも搭載。『RC-10VXM』((約5.5合炊き)、『RC-18VXM』(約1升炊き)を7月上旬、『RC-10VSM』((約5.5合炊き)、『RC-18VSM』(約1升炊き)は6月上旬より発売される。

『RC-10ZWM』の特徴は以下のとおり。

ふっくら炊き上がる、かまど炊きごはんを追求した独自の“圧力”と“真空”の「合わせ炊き」

炊飯時に圧力をかけて高温で加熱する「圧力可変コントロール」と、羽釜の形状にならった釜底60度の「丸み」のある内釜で、大きな熱対流を生み出して釜の中心までしっかり加熱。炊きムラを抑えて炊き上げる。さらに、ひたし時に内釜の中を真空にすることで圧力差を生み出し、お米の芯までしっかりすばやく吸水できる「真空αテクノロジー」を加えた「合わせ炊き」で、ごはんの甘みや粘りといったお米本来の旨さを引き出し、ふっくら輝くごはんに炊き上げていく。

炊飯時間を時短化。「かまど名人」コースで約30%、玄米と白米を混ぜて炊く「白米混合」コースで約40%短縮

真空ポンプをパワーアップ(従来機種0.6気圧⇒0.5気圧)することで、より素早くお米に吸水できるようになり、同社おすすめの「かまど名人」コースでの炊飯時間が従来機種に比べ、約30%短縮。約38分でおいしいご飯を炊けるようになった(「かまど名人」コースしゃっきり:約28分~もちもち:約48分)。また、「白米混合」コースでも従来機種の白米2:玄米1の炊飯時間から約40%短縮した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ